自転車

MR-4のリムテープ交換

投稿日:2016 年 3 月 3 日 更新日:

冬眠中、輪行袋に入れて風呂場で保管されていたMR-4を引っ張り出してメンテナンス。何で風呂場なのかと言いますと、基本的に風呂は使わないからです(笑)。まずはタイヤの交換からです。いつ交換したのか忘れましたが、たぶん5年は経っているでしょう。まだ使えそうな気もしますが、ゴムの劣化が進んでいるので新品に交換します。タイヤはいつものパセラ24x1をチョイス。というか、これしか選択肢がない・・

P3030076
それでタイヤを外したら驚愕の事実が・・。MR-4のリムには薄い布地のリムテープが貼られているんですが、チューブの圧力に押されて思いっきり凹んでおります(汗)。チューブにもくっきりと穴の跡が・・。ところどころエッジが擦り切れそうなところもありますね。もし破れて穴が開いたら即バーストですよ。よくこれでパンクしなかったものだと感心します。(^_^;

実はMR-4を購入してから14年になりますが、一度も交換してなかったんですよね(汗)。ずっと前からこうなってたはずですが、大して気にもしなかったんですよ。ちょっと鈍感すぎやろ・・(爆)。さすがにこのまま乗るのは怖すぎるので、リムテープを交換しなければと思いました。

スポンサーリンク

しかし24インチのリムテープなんてネットを探してもどこにも売ってないんですよ。普通の樹脂製のリムテープは輪になっているので、サイズが決まってますよね。そういうタイプで24インチというのはありません。しかし良いものが見つかりました。Zefalのコットンリムテープというものがあるようです。クラシカルな粘着式テープなんですが、ネットの評判を見ると非常に好評です。布地なので高圧に耐えられるのか心配になりますが、ロードバイクに使える強度は十分にあり、しかもずれる心配がないので樹脂製のリムテープより良いそうです。これしか使わないという人も多いですね。それで早速Amazonでポチって取り寄せました。 

P3030060
2本一組で価格は648円とリーズナブルです。一本当たりの長さは2mあります。

P3030064
テープの幅は10mm, 13mm, 17mm, 22mmの4種類があり、リム幅を測定して13mmを選びました。ロードバイクなら13mmが使いやすいでしょう。

P3030077
粘着テープが付いているので、取り付けは普通のリムテープより簡単です。バルブ穴が初めから開いているのも親切ですね。本来なら古いリムテープを剥がしてから貼り付けるのでしょうけど、何となく一枚だけでは不安な気がするので(笑)、古いリムテープを残したままでその上から二重に貼りました。これでたぶん安心だと思います。

ネットで調べてみるとMR-4ユーザーはみんなこれを使ってるみたいですね。もちろん普通の700Cにも使えるはずですが、2mでは微妙に長さが足りないような気もします。23Cタイヤの外周が210cmくらいですよね。実際はどうなんでしょう?

関連記事

スポンサーリンク

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.