自転車

ロードバイクの改造計画は?

投稿日:

自転車乗ってないと妄想しかすることがありません(爆)。最近影の薄いロードバイクですが、改造計画はあるのか?

実はFarnaはもともと完成度が高いのでいじるところがほとんどないのです。買ってから2年になりますが、今までいじったところはサドル交換とペダル交換くらいですよ。実質的にノーマルと同じ。ブレーキは初めから105が付いてますし、スプロケも12-30Tという貧脚仕様が付いてますから、これ以上いじるところがないんですよね。「買ったままで満足できる」というのがFarnaのコンセプトなんですが、確かにその通りなんですよね・・

たとえ11速化したとしても別に走りが変わるわけじゃないですからね、全く意味がありません。コンポのグレードアップなんてしょせん自己満足ですから、お金もないのにそんな無駄なことはしませんよ(笑)。でもそれじゃ妄想のしようもないので、無理やり改造計画を妄想してみました(笑)。

スポンサーリンク

1. アウターを46Tに交換

現在フロントは50x34Tのクランクが付いておりますが、僕の脚力では50Tだとトップ側3枚は踏めないんですよね。そうするとアウターで使えるギアが6速くらいしかないのでもったいないわけです。そこでアウターを46Tに交換すればリア1~2枚分くらい軽くすることができ、その分使えるギアが増えるという計算です。

これはチェーンリングを交換するだけなので、コスト的には4000円ちょっとで済みます。お手軽なカスタムの割に効果は高いんじゃないでしょうか? まあコンパクトクランクをさらに小さくするのは女性か高齢者くらいでしょうけどね、ド貧脚の証(笑)。

ただこれをやるとFDを目いっぱい下げなければならないので、おそらく直付台座の調整範囲を超えてしまうと思うんですよね。バンド式のFDでないと難しいでしょう。デザイン的にも合わなくなってしまう恐れがあるので、やっぱりやらない方が無難でしょうね・・

2. タイヤを23Cに交換

タイヤは標準で25Cが付いているので、確かに乗り心地や耐パンク性の面では良いと思うんです。転がり抵抗が23Cより低いとか言われて最近は25Cが主流になりつつありますね。しかし、やっぱり25Cは重いと思うんですよね。僕みたいな貧脚では25Cの巡航性が活かせる速度まで引っ張れないので、少しでも軽い方がありがたいんですよ。

そこで23Cに交換するのは絶対やると思います。25Cだとホイールを外すためにブレーキの効きを甘くする必要がありますが、23Cにしたらブレーキの隙間を最小まで詰められます。また25Cのタイヤは選択肢が少なくて黒しかないんですが、ブルーにしたいんです。白×ブルーのカラーリングに憧れてるので、タイヤをブルーにしたらかなりイメージが変わると思います。

ただし、ケチなので今のがヘタるまで交換しません!(笑) ほとんど乗ってないですから、まだ全然減ってないんですよね・・

3. ホイール交換

究極のカスタムはやっぱりホイール交換でしょう。純正のホイールは前後2000gくらいあると思うので、軽量なホイールに交換すれば劇的に走りが変わるはずです。

ただ僕の財力で買えるのは、せいぜいシマノのWH-RS21くらいが限界ですね。ペアで2万円ちょっと。コスパは非常に高いと言われている定番ホイールですが、前後1800g台なので全然軽いとは言えません。この程度じゃ大して実感はないでしょうね・・

でもリム高が低いのが魅力なんです。純正ホイールはセミディープリムなので、チューブを選ぶのが嫌なんですよ。僕の脚力ではディープリムのエアロ効果なんて全く関係ないですからね、チューブが安い方がありがたいんです。

とは言っても、ホイール交換は一番お金がかかりますから、今の僕にはとても無理ですね(笑)。

というわけで、やっぱりロードバイクはいじるところがないので、どうしてもミニベロ改造に目が行っちゃうんですよね・・

関連記事

スポンサーリンク

-自転車
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.