カメラ デジタルカメラ

ライカM9に思う

投稿日:2009 年 9 月 12 日 更新日:

先日9/9に噂のライカM9が発表され、カメラマニアの話題をさらっていますね。もちろんそんなもん買えるワケもないのでハナから興味もないですが、ただ思ったのは「こんなカメラを日本のメーカーは作れるのだろうか?」ということです。

M9の何が凄いかといえば、カメラとしての基本的な機構やサイズ(!)はそのままに35mmフルサイズの撮像素子を搭載してしまったこと。つまり従来のフィルムを撮像素子に置き換えただけのカメラがようやく登場したわけです。しかもあのサイズで! これって凄いことなんですよ。店頭で触ったことありますが、ニコンにしろキヤノンにしろフルサイズの一眼レフってバカみたいにデカいじゃないですか。よくこんなもん持って歩けるなぁと思うほどデカくて重いですよ。それが従来のコンパクトカメラほどの大きさに収まってるんですから、これは革命的なことなのです。

フィルムの時代には今のコンデジより一回り大きいくらいのサイズで当たり前にフルサイズでしたからね、何でデジタルはできないんだろう?と思ってましたが、やっぱり「やればできるじゃないの」。どうも日本のメーカーは小型化に消極的なような気がしてなりません。コンデジだってAPS-Cサイズの撮像素子を搭載しているのはシグマのDP1/DP2が唯一無二の存在で、他の大メーカーはやろうともしないですね。相変わらず小さい撮像素子でお茶を濁してるだけ。というか、本当はできるんだけども戦略的な理由であえて手を着けないというのが真相ではないでしょうか。一眼レフはレンズを含めたシステム全体で利益を確保できるというメリットがあり、また容易に他メーカーに乗り換えさせないというユーザーの「囲い込み」効果もあります。もしコンデジに大型撮像素子を載せてしまえば多くのユーザーはコンデジで満足してしまいます。だからあえてコンデジとの画質的な格差を残しているとしか思えません。

そしてライカM9のもう一つすばらしいところは、レンズの互換性はもちろん、操作系も従来のものをまったく踏襲したこと。つまりユーザーから見れば媒体がフィルムから撮像素子に置き換わっただけで、まったく同じように操作できるのです。ところが日本のメーカーは余計な機能をいっぱい詰め込んで操作系そのものを変えてしまいました。いや別にデジタルからではなくオートフォーカスが一般化した時点でそうなのですが、従来のシャッタースピードダイヤルと絞りリングによる操作から電子ダイヤルと液晶パネルによる操作に置き換わってしまいました。しかし僕が今まで一番使いやすいカメラはF3だと思っています。軍艦部のシャッタースピードダイヤルとマウント基部の絞りリングによる操作が最も直接的でわかりやすいのです。これ以上わかりやすいユーザーインターフェースはありません。今のカメラは簡単なものをわざわざ難しくしたに過ぎないのです。

もしF3のボディーはそのままに媒体だけフルサイズの撮像素子に置き換えたデジカメが出たらすぐにでも欲しいですよ。もちろんオートフォーカスなんか要りません。デジカメが面白くないのはカメラとしての魅力がないからであって、もしそんなカメラが手に入ったら間違いなく僕の「愛機」になるでしょう。でもそんな希望はまず叶うことはないと思います。理由は「売れない」からです。もちろん僕みたいなカメラマニアは目の色変えて飛びつくに決まってますが、マニアに売れたところでしょせん数は知れているのです。日本のメーカーは売れるカメラしか作りません。奇跡的に発売されたとしても、バカみたいに高い値が付くでしょう。それで結局、「そんなもん買うくらいならD3Xでも買った方がマシだよなぁ」ということになるに決まってます。あれはライカだからこそ成し得た奇跡に違いありません。

しかし3年前にライカM8が出たと思ったらもうM9ですか・・。これでもはやM8は何の魅力もなくなったわけですね。そしてまた3年後にはM10が発表されてM9は記憶から忘れられていく・・。デジタル物の宿命とはいえ、ついにライカも使い捨てられる時代が来ましたか。僕には関係ないけど恐ろしいことです・・(^^;

関連記事

スポンサーリンク

-カメラ, デジタルカメラ

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.