自転車

明日香~津風呂湖~大宇陀

投稿日:


額井岳をバックに宇陀川沿いの道を快走
今日はc氏らとともに6名で吉野周辺を走ってきた。午前10時に明日香村の石舞台に集合し、栢森を経て芋峠へ上る。途中の役行者像までのところがなかなかしんどい。芋峠を越えて千股から津風呂湖へ向かう。
湖畔の休憩所で一休みし、入野から三茶屋を経て、小名を通る県道を上っていく。この道は昨年小名峠を越えるために通ったけれど、大宇陀へ抜けるのは10年ぶり以上ではないだろうか。峠付近はなかなか急な上りだった。しかし峠の名前もないのは愛想がない。
その後、大宇陀へ出て、野依にあるログハウス喫茶「OGOPOGO」でコーヒーブレイク。ここの主人は旅とかアウトドア大好き人間であるらしい。そこから女寄峠へは向かわず、逆に宇陀川沿いの道を北上する。ここはサイクリングロード風で快適だが、途中で切れているのが玉にキズ。額井岳の眺めがすばらしい。
篠楽から反転して笠間辻へ出て、R166で桜井市倉橋まで一気に下る。ここで各自別々の方向へ向かうので解散。集合場所までの自走を含めると距離は81.6km、アベレージ16.2km/hとなった。今年初の80km超えだ。火曜日に走ったばかりだから、まだ余裕がある。今日の足は売れ残った。
今日はあまり休憩もなく、ひたすら走った感があったが、一点の雲もない快晴で気持ちのいい一日だった。

関連記事

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.