自転車

大台ヶ原ヒルクライム

投稿日:

odaigahara.jpg
大台ヶ原山頂にて(写真提供:ミャンマーさん)
今日は降って湧いたような企画で大台ヶ原に上ってきました。大台ヶ原といえば5年前に「ヒルクライムin大台ヶ原」に参加して時間切れ失格になった苦い思い出が・・(^^;。その時は新伯母峯トンネルからドライブウェイを上るコースでしたが、最近はレースも林道辻堂線経由で行われるようになり、こちらがメインのルートになった趣があります。出発点の河合の標高が300m少々、頂上の大台ヶ原駐車場が1570mですから実に標高差1200m以上を上ることになります。しかもこのルートは短い距離で一気に標高差800mを上るため、非常に厳しい上りが続きます。自身としてもこちらから上るのは初めてで、いったいどういうことになるんでしょうか?
ウエストパレスさんがあちこちからメンバーを集めてきて、millionさん、alialiさん、ミャンマーさん、りくさんが参加され、総勢6名になりました。このメンバー、怖すぎるよ~(^^; なんでもりくさんは昨日納車されたばかりのロードバイクの初走行とか・・

スポンサーリンク

道の駅上北山を9時出発ということだったんですが、結構早く着いて8時過ぎには全員揃っていました。ミャンマーさんは前夜から現地入りして空母で一夜を過ごしたとか・・。
20070923_084836.jpg
道の駅上北山に8時半集合。後ろはミャンマーさんの空母です。
河合の清流橋を渡って小処温泉へ向けてごく緩い上りを快調に飛ばします。8kmもほぼ平坦な道が続くので最初は楽勝みたいに錯覚してしまうのですが、ここで飛ばしすぎたら後がもちません。平坦部分が長いということはそれだけ上りがきついということです。(^^;
20070923_085803.jpg
小処温泉へ向けて快調に走ります。
小処温泉を過ぎて林道辻堂山線に入るといきなり激坂が始まります。尖った落石が多く、気を抜くとたちまちパンクしそうなコースです。で、少し上ったところで休憩してるのかと思ったら早速alialiさんがパンクしてました。(^^; おまけにタイヤサイドを切ったようで、裏からパッチ(バースト専用のビニールシートみたいなのがあるらしい)を貼って応急処置します。でもalialiさんのパンク修理はすごく早い! 僕だったら早くて30分、下手すると1時間かかるんですが・・(汗)
20070923_094207.jpg
林道に入ったところでalialiさんお得意のパンク
ちょうどここから尾根上を走るドライブウェイが見えるんですが、気が遠くなるほど上です。(^^;
20070923_093852.jpg
はるか上に道が見えてます。あそこまで上るのか・・
20070923_095415.jpg
りくさんの「超」新車
左又谷を詰めて左に大きくカーブするといよいよ本格的に激坂が始まります。尾根を乗り越す次の右カーブまで息をもつかせぬ激坂の連続。休めるところがまったくありません。そして大きな右カーブで尾根の西側に回り込んだところでまた止まってました。今度はりくさんが落石の餌食に・・
20070923_103832.jpg
今度はりくさんがタイヤサイドを切って応急処置
昨日納車されたばかりだから当然タイヤも新品なんすけど・・(汗) また例のパッチで応急処置しましたが、サイドをざっくり切っていてこのタイヤはもう使えないですね。(T_T) ほんとに刃物のように尖った落石が多いので、踏んだら一発でバーストです。ここを走るには慎重にも慎重に行きましょう。
そこからまたとんでもない激坂が続きます。ここが一番しんどいところでした。とにかく足を休められるところがまったくないオニのような上りです。途中で折れそうになりました。(^^; そこを何とか乗り切って辻堂山の直下に入ると休憩所があり、ここまで来るとあと少しでドライブウェイに出ます。
20070923_113316.jpg
この休憩所まで来るとあと少しです
休憩所からもうちょっと上れば平坦になってドライブウェイに出ます。ここで標高1260m。頂上までの標高差はあと300mほどですが、距離は10kmあります。今までに比べれば勾配はずっと緩いはずですが、もう足が売り切れてるのでペースは上がりません。
でもあちこちに絶景が広がります。ちょうどここから最初にパンクした地点がはるか下に見えます。あんなとこから上ってきたんや・・とプチ感動。
20070923_115958.jpg
おお、絶景が・・! あの谷の下から上ってきました。
ドライブウェイに入ると平坦な場所もあったり、経ヶ峰あたりからはちょっと下りも出てきます。でもこの下りが帰りはイヤなんだけど・・
20070923_121521.jpg
大台ヶ原ドライブウェイを上っていきます
先頭グループはお互いを牽制しながら先へ行ってしまったのでひたすら一人旅。川上辻までは比較的平坦ですが、そこから頂上までがまたちょっと上りでしんどかった。12時50分、やっと山頂の駐車場に着きました。
20070923_132037.jpg
大台ヶ原駐車場に着きました!
頂上には食堂もあるんですが、なぜか下へ降りてから食べるということに・・。標高1570mの頂上はかなり寒く、防寒着を着込みます。「大台ヶ原」のプレートの前でお決まりの集合写真を撮って下り始めます。
帰りはドライブウェイを下ってR169で戻る方が楽しいんですけどね、狭くて路面の悪い新伯母峯トンネルがイヤなので来た道を戻ります。上り返しでまた汗をかいて防寒着を脱ぎ、スカイラインの下りは快適でしたが、林道に入るとブレーキかけっぱなしで楽しくない下りです。しかも落石やグレーチングが多くて気が抜けません。と思ったら今度はミャンマーさんが3人目の犠牲者に・・
20070923_142827.jpg
今度はミャンマーさんが針金を踏んで今日3度目のパンク
落石じゃなくて針金を踏んで見事にタイヤの真ん中に突き刺さってました。(^^; それを抜いたらプシューと音がして一瞬にしてパンク。alialiさんはだいぶ先に行ってしまったので戻ってくる気力もなく、下で30分ほど待ってもらいました。今日はほんまによくパンクする日です。(笑)
無事小処温泉まで下ってきて、あとは河合まで緩い下り坂が続きます。最後の最後でバトルを仕掛けたのは誰でしょう? このメンバーはみんな貧脚ですねんとか牽制しながら人一倍負けん気が強いので、壮絶なバトルになったのは言うまでもありません。(^^;
20070923_151853.jpg
なんでいつも最後はバトルになるんだよ・・(-_-;
道の駅に戻ってきたら3時半頃でした。それから「薬師湯」で温泉に浸かって、軽く食事をとって解散しました。あの上りはほんとにエグかったですね。当分見たくもないです。(^^; あれを登れば激坂の感覚がマヒしますよ。どんな坂もあれに比べればマシに思えてしまう・・(^^;
走行距離:57.2km
平均速度:14.8km/h
体重:60.6kg(涙)
体脂肪率:19.0%

関連記事

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.