自転車

梅雨明けの激走うなぎツアー

投稿日:2010 年 7 月 17 日 更新日:


津市港町の海にて

今日は近畿地方で梅雨が明けました。3週間前に企画されて雨で流れた三重県津市へうなぎを食べに行くツアーが今日再び企画されました。昨年末以来、久しぶりのうなぎツアーです。というか、このメンバーで走ること自体、今年初めてですね。いつもヘロヘロになるまで引き回されて、さてどうなりますことやら・・

スポンサーリンク


今日は長野峠ではなく、関経由で帰ると聞いていたので、余野公園に車をデポして8時半に出発しました。柘植からR25で関へ向かいますが、東寄りの風がかなり強く、加太越の上りに苦しめられました。しかし何とか予定通り1時間で関の道の駅に到着しました。


9時半に到着すると、数分後に鈴鹿峠を越えてきた滋賀組も到着しました。今日のメンバーはalialiさん、17年選手さん、かわchanさん、RED!さん、ワタルさんと僕の6名でした。このツアーとしては人数少なめですね。道の駅でしばらく雑談した後、10時前に津へ向けて出発しました。


最近定番になっておりますが、伊勢別街道で椋本まで走った後、県道42号で津中心部へ向かいます。ついていくのに必死で写真はございません。(^^; alialiさんが引いていた頃は31km/h巡航くらいで何とかついていけたのですが、信号で先頭が交代してから急にペース上がって、急行列車が特急列車に変わってしまいました(笑)。当然ついていけなくなって千切れました。一度千切れると向かい風をまともにうけてどんどん遅れます。相変わらず東寄りの風が吹いており、この向かい風の中35km/hで巡航するのは変態とちゃいますか?(^^;


あまりに速かったので、50分で「はし家」に着いてしまいました。いつものように開店10分前です。ここも最近定番になってますので、どこへ行こうという話ももはや出なくなりましたね。


いつものように「上鰻丼」を頼みました。今日は誰も特上頼まなかったですね。ononoさんがいないとみんなおとなしい(笑)。ちなみに特上以外はうなぎの枚数が違うだけでご飯の量は同じですよ。間違っても特上の「大盛」を頼んではいけません(爆)。2階の座敷席ははじめは空いてましたが、すぐにいっぱいになります。冷房が効きすぎて、汗が急に冷やされて寒かったです。


12時前に店を出て、せっかくなので海を見に行きます。外に出ると暑い! 津市にも当然海があるのですが、青い海というわけにはいきません。なんか茶色っぽくて汚い。しかし一応海をバックに記念撮影です。


帰りはまた同じルートを引き返します。行きに苦しめられた向かい風が今度は背中を押してくれました。しかし35km/h巡航はたまりませんわ。気温もだいぶ上がってきて汗が噴き出してきます。心拍数も限界近くまで上がっていてもうあかん・・。最後はやっぱり千切れてしまいました。(^^;


最後にちょっと上りがあるのですが、やっとの思いで関のミニストップに着きました。ここは店内に休憩スペースがあるんですね。冷房の効いた店内でガリガリ君を食べながらまったりと休憩。動く気なくなります。(笑)


帰りは素直に加太越で行くことに決定。このクソ暑いのに蝙蝠峠とかドMの世界ですよ(爆)。古い街並みが残る関宿を抜けてR25へ。ここはきつくはないもののダラダラと長い上りが続きます。平地ではついて行けても上りになると力の差が明確に表れます。当然あっという間に置いて行かれます。


採石場を抜けて最後の直線上りが一番しんどいんですよね・・。そこを上りきったところの加太越ピークで休憩。日陰に入ると涼しくて気持ちいいな~


柘植の旧道を抜けて余野公園に戻ってきました。ここでもまったりと休憩。木陰にいると涼しい風が吹いて超気持ちいい~。このメンバーでこういうまったりしたツーリングは珍しいですね(笑)。走ってるときは全然まったりじゃないですが・・(^^;


午後3時、滋賀へ帰る皆さんを見送って帰途に就きました。久しぶりに心臓バクバク、脚パンパンのハードなツーリングを体験しました(笑)。恐ろしいアベレージが出てしまいました。(^^; しかしまあこのカンカン照りに日陰のない平地を走るのは苦行以外の何物でもないですな。みんなドMな方々ばかりだから何でもないのか・・(爆)

走行距離:81.0km
平均速度:22.3km/h
体重:56.5kg
体脂肪率:15.4%

関連記事

スポンサーリンク

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.