自転車

久しぶりに三田坂を上る

投稿日:2010 年 12 月 5 日 更新日:


これが見たかったんや!(笑)

師走に入っても異様にぬくい日が続いております。いつになったら冬眠させてくれるねん!(爆)

寒風吹きすさぶ日が続くと次いつ乗れるか見通しがつきませんので、こんな穏やかな日には乗っておかないといけないという強迫観念に囚われるのでございます。乗りたくても乗れない人がいる一方で、乗りたくないのに乗る人がここにおります(爆)。すべてはヒマのなせる業です。まことに致し方なく、重い腰を上げて走ってきました。

スポンサーリンク


いつものように伊賀市の中心部・鍵屋ノ辻を10時に出発しました。この時間はまだちょっと寒い。


長らく通行止になっておりましたR422三田坂を久しぶりに上ります。伊賀上野駅の東側からR422に入ります。


初冬の装いを見せる山を愛でながら三田坂を上ります。御斎峠や三国越に比べると標高も低く、まあ楽勝です。


三田坂のピークにある「音羽口」バス停で右折します。この道を通った方が無駄な上りがないのでちょっと楽です。


音羽まで下り、この分岐を右に入ります。


小さいピークを越えると丸柱に出てきます。


再びR422に入って何の取り柄もない桜峠を越えると滋賀県に入ります。


信楽の町に入りました。新宮神社にて。mid-tailさんとこでよく見かける「げなげな市」ってここでやってたんですね。


これが噂の「龍麺」か・・。「どうぞお入りください」と言われても、かなりためらわれる・・(^^;


背中を撮ったやつはおらんやろ?(笑)


信楽駅から線路沿いの細い道を勅旨へ向かいます。


勅旨駅と雲井駅の中間から牧杉谷林道に入りました。ピークまで標高差は200mくらいなんですが、前半がゆるいため、最後は結構きついです。しかし全く車も通らず静かな道です。


ここが標高約500mのピーク。


新田まで下りてきました。こちら側は落石やグレーチングが多く、かなり走りづらいです。


新田から県道132号に入ります。岩尾池の南端にある分岐がここです。地形図上では点線になっていますが、ジープロードくらいの幅があります。この道を行けば岩尾山の北側を越えて滝谷池に出られると思われますが、誰かMTBで突っ込んでレポートしてくれませんか?(笑)


久しぶりに大沢池に寄ります。


これは美しい!


再び県境を越え、伊賀市槇山へ下ってきました。ここから県道49号に入ります。


だいたいいつも槇山から佐那具駅までノンストップで来てしまいます。あと4キロほどで伊賀上野駅を経て鍵屋ノ辻に戻ります。15時着でした。冬至が近づき日が短いので、このくらいの時間に終わらないときついですな。

いかん、思いっきりブログネタ探しながら走ってるやんけ!(爆)

走行距離:56.4km
平均速度:18.5km/h
体重:58.1kg(涙)

関連記事

スポンサーリンク

-自転車
-, ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.