PC関連 ハードウェア

PCをグレードアップ

投稿日:2011 年 4 月 22 日 更新日:

最近溜め込んでいた物欲が爆発しております(爆)。ついにPCをグレードアップしちゃいました。

これまで2003年→2007年→2011年と4年サイクルでリプレースしております。今まで使っていたのはAthlon64 X2の5200+というCPUで、当時としてはそこそこのグレードでした。今でもまだそれほど遅いとは思ってませんでしたが、重たい処理を大量にやってるともうちょっとCPUパワーが欲しいなぁと思ってきたところでした。

スポンサーリンク

しかし古くなってくると新しいCPUにマザーボードが対応しなくなるので、結局マザーボードごと入れ換えるしかありません。メモリもDDR2からDDR3に替わったため、マザーボード+CPU+メモリの3点セットで入れ換えるしかないのでした。

と言いましても、あまり費用はかけたくないので、今まで通りAMDで行きます。まずマザーボードはBIOSTARのA880G+というのを選びました。最近主流になったグラフィックス統合型です。6千円台の安いものですが、なるべく余計なものが付いてない方がいいのでこれで十分です。メモリスロットが2つしかないのが難点ですが、どうせ4GB以上積んでも無駄なので問題なし。いずれ増設したくなったら、その頃にはメモリももっと安くなってるでしょう。

AMDのCPUはAthlon IIとPhenom IIがありますが、上位グレードのPhenom II X4を選びました。プロセッサが4個入っていて、クロックは3.2GHzです。これでも1万2千円弱ですが、今のところそこそこのグレードでしょう。

メモリはDDR3-1333の2GBを2枚差しで4GBです。これで4,200円ほどでしたから、安くなったもんですねえ・・

マザーボードの載せ替えとなると結構めんどくさそうですが、2時間ほどでさっさとやっちゃいました。まあCPUとメモリをはめ込むだけですから、全然大したことはありません。

それで無事起動しましたが、どのくらい速くなったのかなぁ? RAW現像は確かに速くなったと思いますが、劇的にというほどでもないですね。動画編集をやったらはっきりわかるかもしれません。プロセッサが4つあるので複数アプリを同時に起動すると当然速いのですが、処理速度そのものはさほど体感はできないかもしれません。CPUの進化もそろそろ飽和に達しているということでしょうか?

しめて23,270円なり。これがないと始まらない商売道具なんでね、もちろん経費ですよ。余ったパーツでもう一台組めそうだなぁ・・

関連記事

スポンサーリンク

-PC関連, ハードウェア

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.