自転車

信州耐久ツーリング Stage1~平谷峠~

投稿日:2011 年 9 月 16 日 更新日:

20110906_134219
平谷峠 1160m

9/6から9泊10日で信州へ行ってきました。本当はお盆過ぎ頃から計画していたのですが、ずっと天候不順が続き、延び延びになってました。その間にモチベーションも下がったものの、居座り続けた台風12号が過ぎ去ってからようやく天候が回復したので、2週間以上遅れて出発の運びとなりました。信じられないことですが、結果的には10日とも全部晴れ、雨はお湿り程度にしか降ってません。真夏の暑さがぶり返し、信州といえども厳しい暑さが続きました。

今回は純粋な自転車ツーリングではなく、車で移動しながらの旅ですので、コースはつながっていません。気に入ったポイントで少しずつ走るというスタイルです。一日30~40kmくらいしか走ってないのですが、それでも毎日となると疲労が溜まってきます。脚の容量が大きい方はいいですが、僕は売り切れが人の2倍は早いので、一日走ると脚パンパンでもう走れません。それをなだめながらの連日走行に加え、車中泊のつらさにも耐える修行となりました。自身でもこれほど連続で走ったことは初めてです。ある意味、自分への挑戦になりました。(笑)

では、全8ステージにわたってお送りします。

第1ステージは南信州の平谷峠です。といっても移動中の足馴らしみたいなもので、距離も標高差もわずかです。平谷村といっても知ってる方は少ないでしょうが、ここも長野県なのです。R153沿いに道の駅があって、そこの標高が900mくらい。平谷峠は1160mなので、標高差は260mです。しかし、この峠は周回コースを組もうとすると大変なのですね。反対側へ下ってしまうと大変な標高差を上り返さなければなりません。貧脚にはとても無理ですので、安直に道の駅からのピストンでお茶を濁しました。(^^;

スポンサーリンク


走行ルート図

20110906_140602
12時半頃、道の駅「信州平谷」を出発しました。ちょっとだけショートカットしてR418に入ります。

20110906_135613
R418に入って最初のうちはほぼ平坦に進みます。交通量はかなり少ない。

20110906_125440
最初が平坦ということは、そのツケは必ず後で回ってくるのですね。峠が近づくにつれて勾配が増し、8~10%くらいの結構な急坂になります。標高差260mといえども侮れません。

20110906_130714
といっても距離はしれてますので、30分少々で峠に着いてしまいました。峠は売木村との境になっております。ここもれっきとした信州ですよ。

20110906_131557
峠には東屋のある展望台が作られています。

20110906_131109
峠から東側の展望がかなり開けています。ちょっとわかりませんが、南アルプスも見えるのかな? 今日は風がとても爽やかで、東屋で30分ほどのんびりと休憩してました。

帰りは同じ道を戻るだけ。さすがに今日は売り切れてません(笑)。2時過ぎに道の駅に戻り、併設の温泉「ひまわりの湯」で疲れ(というほどでもないが)を癒しました。ここの温泉は設備が充実していて、めっちゃいいですよ。スベスベするお湯でおすすめ。その後は飯田を経て、道の駅「花の里いいじま」で車中泊しました。

走行日:2011/9/6(火)
走行距離:12.6km
平均速度:15.3km/h

関連記事

スポンサーリンク

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.