雑記

物欲まみれの一年

投稿日:2011 年 12 月 26 日 更新日:

例年クリスマスが終わらないと年末って感じがしないんですよね。キリスト様から八百万の神に切り替わるのがなんと早いことか。(^^; では、そろそろ総括をいっときますか・・

結論から言いますと、今年の目標で達成したのは、ただ体重だけでございます(爆)。あとはすべて未達成・・(苦笑)

スポンサーリンク

で、今年の大きな目標は何だったかと言いますと、「断捨離」だったんですね。要するに余計な物を持たず、できるだけシンプルに暮らすということであります。そういうスタイルに憧れております。そのためには要らない物を徹底的に捨てる、不要不急の物を買わないということが基本です。しかし、そのどちらも実行できませんでした。敗北感だけが漂います。捨てる方は最初のうちちょっとだけやりましたが、すぐに捨てる物がなくなり、ほとんど手つかずで終わりました。いや別に捨てる物がないほどスッキリしてるわけじゃないんですよ。逆にあまりに多すぎて捨てる物と残す物を選ぶだけで嫌になってくるんですね。これが最悪のパターン。かくしてガラクタの山に埋もれながら断捨離とは真逆の生活をしているわけです・・(苦笑)

そして物を買わない・・これも実行できませんでした。それどころか昨年より激しい物欲で逝きまくりました(爆)。中でも一番大きいのはやはりカメラ関係。今年はカメラを4台も買い、レンズも2本逝ってしまいました。とてもすべて公にすることはできません。(^^; その代わり4台売りましたから、台数は増えてないといえば増えてないんですが、そういう問題じゃないだろ?(爆) しかも短期間で手放したのが2台だからねえ、これはもう病気ですわ。(^^;

それ以外にもPCのグレードアップやらソフト関係、最近はAndroid端末にもはまってきました。物欲の種は尽きることがありません。まあPC関係は業務上必要な経費なので仕方ないとして、自分の場合、物欲のほとんどがカメラに向かっているということがこれで明らかになりました。ですからカメラ物欲さえ絶てばほとんど物を買わなくて済むはずなのです。

カメラ物欲を絶つにはどうすればよいか? 幸い今はカメラにまったく興味がない状態なんですね。こういう状態がずっと続いてくれれば問題ないんですが、時々降って湧いたように物欲に取り憑かれるんですね。そうなるともう買わずにはいられません(爆)。その原因はやはりネット情報だったり、雑誌だったりします。まずこういうものに触れず、情報を元から絶つことが必要です。そして根本的には写真に興味を持たないことです。いや別に写真そのものに罪はないんですけど、自分の場合、他の何かが行き詰まると必ず写真に逃避する傾向があるんですね。とりあえず写真はシャッターを押せば誰でも写せますから手軽なんです。そしてカメラの一台でも買えば、それで所有欲が満たされるんですね。実にお手軽で都合の良い趣味です。自分にとって写真とは、何かに挫折したらそこへ逃げ込みたくなる隠れ家みたいな存在なんですね。自分が写真に入れ込んでいる時というのは決してポジティブな意味ではなく、何かに失敗して逃避しているネガティブな意味なんですよ。

ですから来年の目標はまず、写真に興味を持たないこと。「記録写真」以上のものは撮りません。カメラも買いません(ほんまか?)。カメラなんて今あるもので十分じゃないですか? 何で毎年買い換えなければならないんだろう? 次々とカメラを買い換える人間がいい写真を撮るのを見たことがありません(爆)。そして興味の対象を写真以外に向けていくこと。繰り返しますが、自分が写真にのめり込んでいる時は決して良い状態ではありません。写真のことなど眼中になくなるほど他のことに集中していなければなりません。写真に戻ってしまったら、それは敗北を意味します。自分にはこの集中力や根気というものが足りない。ちょっと油断するとすぐ写真に戻ってしまいます。

10月・11月とド派手に逝きまくったので、今月は自重して何も買わないと決めておりました。今のところ何とか踏みとどまっております。しかし年が明けたら怒濤のように逝きまくることでしょう、矛先を変えて・・。結局は物欲かよ?(爆)

関連記事

スポンサーリンク

-雑記
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.