写真

徒歩練

投稿日:2012 年 3 月 14 日 更新日:


天理市萱生町付近で見つけた紅梅

最近天気が悪くてなかなか動けませんでしたが、久しぶりにええお天気になりました。今年は脱自転車を目指すため、登山やウォーキングに力を入れてまいります。しかし膝に爆弾を抱えているため、いきなり歩くとすぐ膝痛を発症するんですね。特に寒いときは要注意です。そこで少しずつ慣らし運転をしていく必要があります。今日は平地中心で山の辺の道を歩いてきました。

スポンサーリンク

実はもう一つ目的がありました。というか、こっちがメインかもしれません。(^^; もう時効かと思われますので、去年逝ったブツを公表いたします。お得意の後出しでございます(爆)。去年の10月にこんなもんをポチっておりました。


オリンパスのズイコーデジタル35mmF3.5マクロでございます。

すでに終了したフォーサーズにこれ以上投資するなど愚の骨頂であることはわかっているのですが、それでも逝ってしまうのがオリバカというものでございます(爆)。もともとフォーサーズに広角系の単焦点が存在しないのが悪いんですが、常用できるレンズとして小型軽量な単焦点を検討していました。一応純正では25mmF2.8と35mmF3.5マクロというのがあるんですが、35mmの方が安いし、マクロだし・・ということで、こっちを選んでしまいました。ところが買ってからまだほとんど使っていません。半年近くほったらかしです。(^^; 去年の秋以降、一気に写真が終了しましたのでね、使う機会がなかったんですよ。それでちょっとは使ってやらんと・・ということで、これ一本だけ持って行ってきました。ほんとに一本勝負ですよ。


まずJRで三輪駅まで行きまして、ここから歩き始めます。


すぐに大神神社。今日はお参りせずに先へ進みます。


さらに山裾に沿って歩くと狭井(さい)神社。厳かな雰囲気が満ちています。ここの社務所で三輪山への登拝受付をしています。


狭井神社からしばらく石畳の道が続きます。


そして玄賓(げんぴ)庵です。


玄賓庵から桧原神社へ至る有名な撮影ポイント。今も原始の趣が残っています。


桧原神社の有名な三ツ鳥居です。三輪そうめんの商標はこの形をモチーフにしています。


注連縄の向こうに二上山が見えます。


桧原神社からしばらく谷を巻くように林道を歩いて行きます。この辺が一番見晴らしのいいところです。


穴師の集落に入り、ちょっと激坂を上ります。このあたり結構迷います。注意。


春の訪れを告げるオオイヌノフグリが咲き乱れます。


集落の向こうに二上山。なかなかいい風景です。


かなり古そうな建物。


春の七草の一つ、なずな。ぺんぺん草とも言いますね。


この小屋なかなか味があるんですが、この景色を見たら間違ってます(笑)。実はこの手前を右折しなければいけないんですが、標識が小さくて見落としやすいんです。


田んぼの中の一本道を歩いて行きますと、三輪山が最もきれいに見えるポイントです。このレンズじゃ入り切らん・・(^^;


道は左に大きくカーブして、石碑のあるポイントを通過します。このあたり、山の辺の道で一番絵になるポイントだと思います。


渋谷町付近で白梅を前景に三輪山。


崇神天皇陵付近から二上山。


長岳寺隣りにある天理トレイルセンターで休憩します。天理市の休憩施設で、古墳の資料展示やお茶の無料サービスがあります。


長岳寺前の梅園ではほぼ満開に咲いてました。これがマクロレンズの威力です。まだまだ寄れますよ。


紅梅はちょっと終わりかけてましたけど、きれいなのを少し・・


中山町から萱生(かよう)町へ向かいます。


萱生町の環濠集落です。こうやって堀をめぐらして外敵の侵入を防いだそうです。そしてここから山の辺の道を離れ、R169の方へ下っていきます。成願寺町から通い慣れた上街道に入りますが、実はここからが長い! そろそろ脚がヤバくなってきました。いつも自転車で通ってるだけに、余計長く感じます。


ようやく帰ってきました。自転車ならあっという間なのに、ほんまに長かったですよ。すぐ先に見えている景色がなかなか近づいてこない。自転車なんて歩きに比べれば屁みたいなもんですね。どんだけラクしてるんだ・・

12.2キロ、何とか全部歩いて帰ってきました。途中ちょっとヤバそうになって、ストレッチしながら騙し騙し歩いてきましたけど、何とか膝痛発症せずに済みました。しかし、かなり脚が棒のようになって今のところこれくらいが限界です。明日は間違いなく筋肉痛でしょう(笑)。ほんとに情けないんですが、だいたい5キロ過ぎると膝がヤバそうな感じになってくるんですね。昔はこんなこと全くなかったんですけどね、明らかに会社辞めて通勤しなくなってからですわ。今は家から一歩も出ない生活してますので、ほとんど歩くこともなく、完全に脚が退化してるんですね。これでは本格的に登山などできないんですよ。山で膝痛を起こして動けなくなったら非常に危険ですのでね・・。自転車などいくら乗っても脚は強くなりません。当たり前ですけど、歩くためには歩く・・それしかないんです。

それでニューレンズはどうかと言うと、マクロレンズなんで非常によく写るんですが、いかんせんこの画角は狭すぎる・・。換算70mm相当ですからね、準望遠くらいですね。印象的な部分を切り取るような目的にはこのくらいが使いやすいんですけど、相当離れないと全体が収まりきらないことが多くてやっぱ使いづらいです。これ一本で済ませるのは無理がありました。(^^; 自分はその場で見えたまま撮るのが好きなんで、35mmくらいの広角が一番しっくり来るなぁ。フォーサーズにはそれがなくて、マイクロフォーサーズにはあるのが悔しい。(^^; でもOM-Dには手を出さんぞ(爆)。いや、カメラなんてもう二度と買いません。(^^;

歩きは写真と相性がいいです。その代わり、写真ばっかり撮ってたら全然進みません。(^^; 写真なんぞに興味を持ってはいけません。今年の目標は写真撤退です。

関連記事

スポンサーリンク

-写真
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.