自転車

大和高原桜づくしポタ

投稿日:

20080412_100739.jpg
月ヶ瀬・八幡橋の桜
今日は予告通り月ヶ瀬から大和高原をぐるっと回ってきました。標高の一番低い月ヶ瀬にデポして10時に出発。予想通り月ヶ瀬は散り始めで、あまり状態は良くありませんでした。ここは標高が150mほどしかないため、市街地とせいぜい3~4日しか違わないのです。標高が上がるにつれて見頃になっていくのを期待して、五月橋へ向かいます。

スポンサーリンク

県道4号沿いはずっと桜並木が続き、時々花吹雪も舞い散って風情満点です。

月ヶ瀬橋~五月橋間を走行中の動画
20080412_102145.jpg
この辺では珍しいヤマザクラも満開でした。
五月橋で切り返して、遅瀬川沿いの道に入っていきます。この道は比較的ゆるやかな上りが続きます。
20080412_104247.jpg
遅瀬にて
上津で県道80号に合流し、大塩までだらだらと上っていきます。そして大塩で箕輪方面へ左折すると本格的な上り。結構な激坂です。でもあちこちに花が咲いていて目を楽しませてくれます。
20080412_110855.jpg
馬酔木・大塩にて
20080412_111444.jpg
ベニシダレザクラ?・大塩にて
かなりきつい上りでしたが、しょっちゅう止まってるのでそれほどしんどいこともなく、箕輪で頂上となりました。
20080412_112713.jpg
レンギョウとサクラ・箕輪にて
20080412_113318.jpg
気の早い鯉のぼりが・・・箕輪にて
堂前からちょっと下って助命(ぜみょう)へ。そこから広域農道までまた100mほど上ります。ここが前半の踏ん張りどころ。標高約480mの最高地点を通過します。そして広域農道を横切ると下りとなって下深川に出ます。ここからお気に入りの深川沿いの道で布目湖畔へ下ります。
20080412_115717.jpg
ゆるやかな下りが気持ちいい深川沿いの道
そして布目湖畔の公園で昼食をとり、次の目的地・大照寺跡へ向かいます。的野から旧道に入って、集落内の激坂を押し上げます。といってもわずかな距離なので大したことはありません。
お目当てのしだれ桜はちょっと早いかなと思いましたが、まさに満開間近の状態でした。淡いピンク色が非常に上品な感じです。この桜は周りに電線や民家があるため写真家にはあまり人気がないようです。引きが取れないので全景を収めるのが難しいんですよね・・。おかげでほとんど誰も来なくて静かでした。
20080412_130218.jpg
大照寺跡のしだれ桜
そこから下って再び布目湖畔に戻ります。ここも満開の桜でした。
20080412_131319.jpg
布目湖畔は満開
布目ダムの公園まで行くと、何やら会場を設営しているようでした。道にはゲートもできています。15~17日に布目湖畔でアジア自転車競技選手権大会が開催されるため、その準備のようです。
20080412_132152.jpg
ダム堰堤前にはゲートが出現(写ってるのは関係ない人です。スミマセン。)
ダムから邑地まで下り、R369へ抜けるとっておきの道に入ります。軽トラ一台通れるくらいの細い道で、もちろん車なんかめったに来ません。しかし思ったより結構な急坂で疲れました。
20080412_133547.jpg
邑地と尾羽根を結ぶ細道。少しだけダートも残る。
R369に出るとしばらく下って柳生陣屋跡に着きます。ここも桜の名所ですが、写真向きではないですね。
20080412_135631.jpg
柳生陣屋跡も満開
そして柳生で右折して県道4号に入り、坂を一気に下って興ヶ原に着きます。ここも桜並木がきれいで、地元の方が花見に来られてました。
20080412_140959.jpg
興ヶ原も満開
お約束の沈下橋を渡ってから県道4号を下出へ向かい、左折して法ヶ平尾まで上ります。県道82号に出ると再び月ヶ瀬湖畔をアップダウンしながら桃香野へと戻りました。駐車場に帰ったらちょうど3時。今日は変則的なコースでしたが、どこも満開の桜を思う存分楽しめました。標高はそれほど高くないものの、アップダウンの繰り返しでかなりハードなコースでした。
走行距離:51.0km
平均速度:16.3km/h
体重:60.1kg
体脂肪率:20.6%

関連記事

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.