自転車

初夏の曽爾高原ヒルクライム

投稿日:

20080601-20080601_135800.jpg
曽爾高原から屏風岩方面
昨日の雨が嘘のように今日は初夏らしい清々しい陽気になりました。突然の企画で集まりが悪かったですが、それでも8名の方に参加いただき好評のうちに終えることをできました。
昨年とまったく同じコースで行いましたが、時間的には少し早めのペースになりました。それでも十分ゆったりと景色を楽しむことができました。ツーリングはやっぱりまったりですよ(笑)。まあ前半の椿井峠は曽爾高原とはまったく関係のない無駄な上りなんですけどね、そのくらいのアトラクションがないと時間がもたないんでね・・。ヒルクライム好きの人にもそこそこ楽しんでもらえるコースになったのでは?と思います。
本日の参加メンバー
天神橋5丁目さん、児玉さん、黒田さん、tantanさん、ちゅっぱさん、echigo3さん、tatsumiさん、SORA

スポンサーリンク

20080601-20080601_092105.jpg
名張中央公園の駐車場でちゅっぱさんにお会いして、少し早めに名張駅に向かったら、ちょうど到着した電車で降りてこられました。参加表明されてなかった黒田さんにも来ていただきました。なぜか児玉さんが来ておられないことに一抹の不安を覚えつつも、9:30定刻に名張駅を出発しました。
20080601-20080601_094612.jpg
県道567号で赤目口駅に着いたらまだ誰も来てませんでした。一応tatsumiさんは赤目口で合流の予定だったのですが・・。行方不明の児玉さんに携帯で連絡が取れ、tatsumiさんは名張まで行ったとか・・。と言ってるうちにtatsumiさんが到着され(ニューヘルメットで最初別の人かと思った^^;)、児玉さんを待ちました。何と御所から自走して来られたそうで、珍しく遅刻です。(^^; これで8名全員揃ったところで10時前に赤目口駅を出発します。
20080601-20080601_100303.jpg
県道784号に入って山水園を過ぎると鬼ヤ坂への長い上りが始まります。結構きつい勾配が延々と続いてまったく休みどころのないしんどい上りですが、体が慣れてくると案外いいペースで上れるようになります。途中池のあるところで後続待ちのため休憩して鬼ヤ坂へ向かいます。ちゅっぱさんとechigo3さんはとっくに峠に着いていて待ちくたびれて戻って来られました。(^^;
20080601-20080601_105304.jpg
11時前に鬼ヤ坂頂上に着きました。ここまでの上りが一番しんどいです。ここから少し下って出合茶屋を過ぎ、再び谷沿いに上り始めます。ぐねぐねとスイッチバックが始まるともうちょっとで椿井峠です。
20080601-20080601_112641.jpg
予定通り11時半頃、椿井峠に着きました。ここは標高では曽爾高原より少し高く、750mほどあります。見晴らしは全くないですが、風が爽やかで気持ちいい・・
20080601-20080601_114448.jpg
椿井峠から急勾配を一気に下って、サンビレッジ曽爾の分岐点で鎧岳をバックに記念写真を撮ります。そこからまたすごい急勾配を下って県道81号に出ます。
20080601-20080601_121945.jpg
R369との交差点となる掛の公園で昼食休憩です。定刻12時ちょうどに到着。いつもここでお昼にしてますが、東屋とトイレはあるしええとこですよ。今日は天五さんのニューカメラのお披露目会となってました。(^^; 人数も少ないので休憩は30分ほどで切り上げてR369を土屋原へと向かいました。
20080601-20080601_124655.jpg
土屋原では旧道を通っていきます。再びバイパスに合流したところの笹及で左折、みつえ高原牧場への広域農道に入ります。
20080601-20080601_130743.jpg
途中右に曲がるところを見逃すとまた曽爾に戻ってしまいますので注意。(^^; 古い地図にはこの道は載っていません。みつえ高原牧場までは直線状の長い上りが続いて辛い! 日陰がまったくないので夏は死にそうですね。この辛い坂を登り切ると目の前にパッと広大な風景が飛び込んできます。初めて来るとこれは感動しますね。
20080601-20080601_132224.jpg
ここがみつえ高原牧場です。昼休みのためか牛も昼寝しててあまり姿は見えません。(^^; 三峰山の眺めが非常に雄大です。
20080601-20080601_133905.jpg
牧場からしばらく高原の快適な道が続き、長尾分岐から最後の上りに取り付きます。距離は短いんですが、標高差50mを一気に上る激坂です。そこを何とか乗り切ると長尾峠と呼ばれる見晴らしの良い場所に出ます。ここから曽爾高原の緑の草原が見えてきます。
20080601-20080601_135014.jpg
そこからほどなくして曽爾高原に到着。今年もまたここへ来ました。初めて来た人は必ず感動してくれますね。僕は飽きるほど見てますけど・・(笑)。今日は空気が澄んで見晴らしはいいし風が気持ちいい・・。昼寝でもしたら最高ですね。今頃はススキの背が低くて見通しがいいですが、夏頃になると人の背丈ほどにもなり見通しが利かなくなります。秋のススキの頃に来る人が多いですが、今頃の方が僕は好きですね。
20080601-20080601_141420.jpg
予定よりずいぶん早く14時頃に曽爾高原を出発し、中腹にあるファームガーデンに立ち寄ります。ここでまったりと休憩。ちゅっぱさんは早く帰る必要があるということでここでお別れしました。
20080601-20080601_151658.jpg
そして再び県道81号に出たところで自走で帰るtatsumiさんとechigo3さんとお別れします。名張へ出るよりは栂坂トンネル経由で榛原へ出た方が早いのです。あとは青蓮寺ダムまでゆるい下り坂が続きます。あまり漕がなくてもスピードが出て気持ちのいいところですが、児玉さんに先頭を行かせると最後まで止まってくれないということがわかりました。(^^;
20080601-20080601_160655.jpg
それで16時前に名張駅に到着しました。輪行で帰るメンバーをお見送りして帰途に就きます。参加の皆様お疲れ様でした。
走行距離:58.1km
平均速度:16.8km/h
体重:57.1kg
体脂肪率:19.7%

関連記事

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.