GPS

eTrex Legend HCxファーム2.50はNG

投稿日:

昨日の曽爾高原ヒルクライムでは赤目口から椿井峠を上りましたが、ここが非常に谷が深く、ログの異常を見るには絶好の場所です。今回はファームのバージョンを2.50に上げて初めての実験でしたが、予想通り見事に不具合が再現しました。
昨日の全プロフィールマップ
赤目口~鬼ヤ坂の平面ログ

スポンサーリンク

山水園を過ぎたところから深い谷間に入りますが、早くも異常発生。正確な高度を見るためにたびたびリセットしましたが、いくらリセットしてもすぐに異常が再現します。このくらいの深い谷間になるといくらリセットしても無駄のようです。ログのギザギザはリセットの結果ですが、放置しておくといつまでも下がり続けます。しかしリセットした直後は正常な高度を示しているので、絶対的な精度としてはかなり高いものを持っているはずなのです。平面ログでは多少道から外れてますが、このくらいの地形では普通のことで、Foretrex101だったらロストしまくりでほとんど飛んでしまうところです。この場所でログが取れるということ自体、すごいことなのです。
鬼ヤ坂を越えて再び谷間を上っている間は異常が発生していますが、椿井峠への上りにさしかかると異常は発生しなくなりました。要するに片側が開けた斜面であれば異常は発生しないということが明らかになりました。さらにみつえ高原牧場から曽爾高原にかけての見通しの良い斜面では異常はまったく発生していません。誤差は10m以内に収まっており、気圧高度計を上回るくらいの精度が出ています。このことからも絶対的な精度としては非常に優秀なものを持っていることがわかります。谷間に入るとある程度精度が落ちるのはGPSの特性上やむを得ないことですが、問題なのは条件によって突然挙動が不安定になり回復不能になってしまうことなのです。これさえなければ誤差を考慮しても十分実用になる性能を持っています。
日本語版では不具合が出ないという情報もありますが、ハード的なポテンシャルとしては十分高いはずなので、やはりファームの不具合としか考えられなくなってきました。今回バージョン2.30から2.50に上げていますが、特に2.40では多くの項目が修正されています。2.50での修正は本質に関係ないところなので、たぶん2.40に問題があると考えられます。
Changes made from version 2.30 to 2.40: (released 09/26/2007)
1. Changed odometer calculation to more closely match track log distance.
2. Change number of lines of text in the address field on map feature review page from 4 to 6.
3. Limit number of custom POI bitmaps to 64 to ensure enough memory resources.
4. Added better compatibility with Mac computers in USB mass storage mode.
5. Improved pedestrian route calculation for shortest distance method.
6. Changed datum used in the SWEREF 99TM grid from GEO_NAD83 to GEO_NONE_GRS80.
7. Changed datum used in the Estonian grid from GEO_NAD83 to GEO_NONE_GRS80.
8. Fix potential shutdown when using TOPO West 1999.
9. Fix potential shutdown on track setup for data card when track log files have long file names.
10. Corrected French translation for 'Log track points'.
11. Improve track log recording for sensor products to continue recording sensor data even when GPS doesn't have a fix.
12. Fix potential shutdown when propagating in a cul-de-sac across a map boundary.
13. Add A905/D900 unlock code communication protocol.
14. Make route recalculation on MPC maps (MapSource Custom maps) behave like City Navigator maps.
15. Fix second power on issue.
16. Fix WebUpdater issue of GPS firmware.
Changes made from version 2.40 to 2.50: (released 12/19/2007)
1. Removed the turn backlight on action when unit is initially powered on.
このうち赤字で示した部分が最も関係ありそうな気がします。要するにGPSがFIXしていないときのログ記録を改善したということなのですが、この辺でアルゴリズムが変わった可能性があります。谷間で受信状況が悪くなると何か別のアルゴリズムに切り替わる仕組みになったのかもしれません。
今回バージョン2.50以上はダメということが明らかになったので、再び2.30に戻しました。前回このファームバージョンで天理ダム~福住を上った実験では異常は再現しませんでした。しかし偶然という可能性もあるので複数回の検証を行ってみる必要があります。本来なら自転車でなければ異常は発生しませんが、今日は雨で仕方がないので車で行ってきました。(^^; コースは前々回高度が海面下まで下がる異常を起こした天理ダム~藤井町を走ってきました。できるだけ自転車に近い条件にするため、車が来ないのをいいことに20km/h以下の低速で走行しています。(^^; それでも自転車に比べれば速いです。僕にはこの激坂を15km/h以上で上ることは不可能です。(爆)
天理ダム~藤井町往復のプロフィールマップ(自動車で走行)
まず必ず異常が起こるポイントとしてわかっている滝本町付近では15km/h程度で走行しましたが異常はまったく発生せず。そこから天理ダムまでも高度はよく追従しています。そして天理ダムを過ぎて藤井川に沿った上りになると高度が上がらず一定の状態がしばらく続きました。しかし下降することはありません。龍王山への分岐を過ぎると上空が少し開けるので高度が急激に上昇し、正常値に戻りました。これはForetrex101でも一時的に受信状況が悪くなったときに見られる現象で、まったく正常です。その後、藤井町まできわめて正確な高度を示しています。下りもやはり同じ場所で誤差が発生していますが、一時的なもので自然に復帰しています。
自転車ではないので何とも言えませんが、どうやらファームが怪しいという結論になりそうです。バージョン2.40以上がダメってことですね。おそらくファームのアップデートをしないユーザーは多いと思うので、それで誰も気づかないのかもしれません。とにかくこれからはバージョン2.30で使い続けることにします。数回自転車で走ってみれば結論は出るでしょう。これで不具合が出なければ儲けものってことですが・・
Legend HCx日本語版を持っている方にお尋ねしたいですが、電源をONした時の起動画面でバックライトは点灯していますか? 点灯するなら英語版の2.40以前のバージョンということになります。現在、日本語版のファームは2.10と聞きましたが、いいよねっとのサイトでは新しいバージョン2.50も公開されています。僕の予想では2.50に上げるとたぶん不具合が発生します。(^^; 誰かやってみますか?(爆)

関連記事

スポンサーリンク

-GPS

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.