GPS

帰ってきたeTrex

投稿日:

20080727_092623.jpg
この高度を見よ!
なんかグランフォンドで燃え尽きてしまいまして、このクソ暑いのに自転車なんか乗る気もしなくなってきました。物欲だけが暴走中・・(爆)
ところで、いったん不具合で返品したeTrex Legend HCxですが、このほどVista HCxにグレードアップして帰ってきました。(^^) 一度高感度&地図付きを体験してしまうともう元には戻れないんですよね・・。なくなって初めてわかるありがたさっていうやつでしょうかね。(^^; とにかくこれがないと走ってて楽しくないんですわ・・。もともと次の旅行前には欲しいと思ってたので遅くとも8月上旬には手に入れる予定だったのですが、GARMINもいっこうに動きがないことだし、どうせならグランフォンド前に入手しました。実はグランフォンドがVista HCxのデビュー戦でした。(^^;
もちろん不具合があることは承知の上ですけどね、いくら待っても仕方がないんですよ。MAP60CSxは不具合がないとはいってもあの大きさですからとても使えません。それならVista HCxを早めに購入してファームアップを待った方が得策と考えられます。なぜVista HCxならいいかというと、気圧高度計を内蔵しているからです。Legend HCxの場合はGPS高度が超いい加減なので全く使い物になりませんが、気圧高度計はGPSの精度に関係がないので少なくともあの忌々しい急降下現象に悩まされることはないはずだからです。
map080727.png吉野山奥千本付近のトラック
実際グランフォンドで使用したところ、案の定というかログの異常が再現しました。このトラックログを見てもらえばわかるように、上千本のあたりから完全にずれ始めてます。これはやはり平行移動モードですね。ちょっと不思議なのは、尾根筋にもかかわらず異常が発生していることです。まあVista HCxでも同じように再現するということがわかったので、これはこれで良しとします。しかし高度の方は全くずれていません。GPS高度と違って、登ったら登っただけ確実に上がります。これがどれほど気持ちの良いものかはあの不具合を体験した人にしかわからないでしょう。気圧高度計は気圧変化の影響を受ける弱点がありますが、天候の急変がなければ一日くらいは十分精度を保ちます。GPS高度で自動校正することもできますが、現状ではGPS高度自体がいい加減なので自動校正はOFFにしています。
とりあえず高度さえ正確に出れば、ログはずれてもノープロブレムです。どうせ従来モデルでは測位すらできないんですから・・。気圧高度計はむちゃくちゃええです。英語版ならLegendとVistaの価格差はわずかに4,000円。これならLegendを買う理由は全くないと言っても過言ではないでしょう。日本語版なら価格差が2万円もあるのでさすがに躊躇しますが、英語版なら迷わずVistaを買え! これで決まりです。

関連記事

スポンサーリンク

-GPS
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.