GPS

Foretrex101購入!

投稿日:



最近物欲爆発中で、ついにハンディGPS「GARMIN Foretrex101」を購入してしまった。とりあえず触ってみたので恒例のファーストインプレッションをば・・。
第一印象は思ったより結構デカい。(^^; 「腕時計型」というからにはもう少し小さいものを想像していたが、厚みが結構ある。一応腕に着けてみたが、やっぱり違和感あるよな。暑い夏場とかあまり着けたくない感じ。
日本語のマニュアルが付いてきたのでちょこちょことセットアップして衛星情報を初期化してみる。屋外に放置すること約15分。無事捕捉されて現在位置が表示される。ちょっと歩いてみるだけで速度が4km/hとか表示される。おおっ、と感動してみたりする(笑)。
やっぱりザウルスのGPSとは感度が全然違うな。ザウルスではちょっと軒下に入ったりしただけで頻繁にロストしたけど、すごく安定している。精度も10m未満を示しており、すごく正確。電源を切った後の再捕捉も早い。ザウルスだったら5分待たされたり、ひどいときは永久に捕捉しないときもあったけど、さすがは専用機だ。やはり餅は餅屋ってことか・・。
一応PCと接続できたので、カシミールを使って適当にウェイポイントを設定してみる。英数字6字しか使えないけど、それもなかなかプロっぽくてかっこいい(笑)。自分でわかるように適当に省略するのがコツだ。液晶は小さいながらもちゃんと白地図が表示でき、ズームアップもできる。地図表示はできなくても主要なウェイポイントさえ登録しておけば十分地図の代わりになる。
ウェイポイントが設定できたので、車のダッシュボードに置いてログを取ってみる。おおっ、進行方向に合わせてちゃんと地図の向きが変わる。軌跡もちゃんと表示されるではないか(笑)。家に帰ってログをカシミールに取り込んでみる。当たり前だけどちゃんと道路の通りに表示される。車で10秒間隔はちと粗いな。でもザウルスではそんな当たり前のことが当たり前じゃなかったのだ。ロストで飛び飛びになってたり、勝手にソフトが落ちて途切れてたり、悲惨な結果だったのだ。ちゃんとログが取れるだけでもプチ感動ものだ(笑)。
Foretrex101は地図表示もできないし、機能的には必要最小限しか持っていない。しかし僕の使い方ではこれで必要にして十分なのだ。地図表示ができる機種は高価だが、できるといっても大雑把な道路地図では大して役に立たない。結局、一覧性を考えると紙地図は不可欠なのだ。カシミールで緯度経度を入れた地図をプリントアウトしておけば、座標から現在位置を割り出すことは容易にできる。そして迷いやすそうなポイントはあらかじめウェイポイントとして登録しておくことによりリアルタイムで確認することもできる。体に着けるのはちょっと抵抗があるが、リュックなどにくくり付けるのは容易にできるし、取り付け場所を選ばないのは魅力だ。racchiさんの発明した方法により、専用ブラケットを使わずに自転車のステムに取り付けることもできそうだ。何と言っても値段が安いし、上位機種のLegendやVista(旧型)を上回るトラック10,000ポイント、ウェイポイント500ポイントの余裕は大きな魅力だ。
値段の割にはなかなか満足できる製品だと思う。やっぱりこういうアイテムがあると走るのが楽しくなる。早く春にならんかな(爆)。GPSソフト開発も本腰を入れて取り組みたいところである。
ザウルスのGPSはやっぱり自転車で使うには致命的な欠点が多すぎた。まず透過型液晶は屋外では見えないのが最悪だし、バッテリー寿命が短くてログが取れないのが致命的だった。やはりGPSはログが取れてこそナンボだろう。それにちょっと画面に触れただけで勝手にソフトが落ちたり、本体ノイズの影響で感度が低下するのもまったく使い物にならない。根本的な問題として自転車に付けられないとどうしようもないしねえ・・。国土地理院の超精細な地形図を表示できるのが魅力で手放すのをためらっていたが、Foretrex101を使ってみて未練なく手放す決心がついた。

関連記事

スポンサーリンク

-GPS

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.