登山

予定外の本白根山で雨に降られる

投稿日:2013 年 8 月 4 日 更新日:

20130804_090655
逢ノ峰から見る草津志賀道路

もともとここへ来る予定はなかったのですが、無計画であるがゆえに予定外の行動をとりました。というのも、前夜たまたま六合の道の駅で車中泊したため、ここくらいしかめぼしい山を思いつかなかったのです。草津白根山というのはこの辺の山の総称で、これといったピークはないのですが、その中で一番高いピークが本白根山ということになっています。一応、日本百名山にも数えられているのでとりあえず登っとくかという感じなんですが、現在は火山性ガスの危険があるため本白根山への立ち入りは禁止されています。それで山頂に立つことはできないのですが、もともとこれといった山があるわけではないので、火口を一周する遊歩道がその代替になっています。

スポンサーリンク

登山コース図

20130804_084618
草津白根レストハウスの駐車場に停めた後、まず目の前に見える逢ノ峰に登ります。道路を渡った向かい側に登山道入口があります。ほとんどの観光客は湯釜を目指して登っていくわけですが、それとは正反対の方向へ登っていきます。

20130804_085005
下から見るとすぐそこに頂上の東屋が見えてるんですが、実際登ると結構長いです。それでも15分くらいで山頂に着きました。

20130804_085923
逢ノ峰の山頂からは湯釜がこんな感じで見えます。ここから湖面は見えないですね。

20130804_091857
今度は逢ノ峰からまっすぐ下っていきます。これも10分くらいでしょうか。下りきったところはリフト乗り場になっています。以前はここまで車で入れたようですが、今は一般車通行止になっています。もともとはスキーリフトですが、夏場も登山リフトとして運転されています。さすがにこれを使っちゃうとインチキという気がしますが・・(^^;

20130804_092627
このあたりウスユキソウがたくさん見られます。

20130804_092858
リフト乗り場からしばらく山腹をトラバースした後、沢を渡ります。

20130804_094010
あまり花が咲いているのを見たことがないバイケイソウが咲いています。

20130804_094229
リフト乗り場から40分ほど歩くと殺生河原方面との分岐点に着きます。ここを右に折れると階段の連続する登りが始まります。

20130804_095615
鏡池までの道は木道が敷かれ、よく整備されています。どうもこのルートは左回りする人が多いようで、すれ違う人は多いのですが、後ろから来る人は誰もいません。木道の上ですれ違うのは結構厳しいです。

20130804_101059
だいぶ登った頃、鏡池の畔に出ました。もっと大きな池かと思ってましたが、ずいぶん小さいし遠くにしか見えません。ここからまたもうちょっと登ります。

20130804_102028
これはツリガネニンジンかな? いまいち自信がない・・(^^;

20130804_102113
そして本白根山の展望所が見えてきました。ここは火口の縁にあたる場所です。

20130804_102255
登山道の傍らに咲いていた黄色い花。ちょっと名前はわかりません。黄色い花は多いですからね・・

20130804_102843
そして高山植物の女王と呼ばれるコマクサ。このあたり一面に生えています。少し終わりかけているのか、きれいな花を探すのに苦労しましたね。これが見られただけでも感激です。

20130804_103202
ほどなく展望所に着きました。お誂え向きに日本百名山と書いてありますね(笑)。今まであんまり人に会わなかったのに、ここまで来ると人がいっぱい。おそらくリフトで上がってきてここまで往復してるんでしょうね。そこまでズルして百名山でええんかい!(爆)

20130804_105834
向こうに見える裸地が遊歩道の最高地点になります。頂上ではありませんが、一応あそこまでは行けるということです。どうせ天気も悪いので行きませんでしたけど・・

20130804_110252
展望所ですでにヤバそうな雰囲気だったのですが、万座温泉との分岐まで下ってきたところで雨がポツポツ降り出し、合羽の上だけ着たら本降りになってきたので、結局下も着ました。山で雨具を着るなどめったにないことですよ。雨が降りそうなときは行きませんから・・(笑)。くそー天気予報め、騙しやがったな!(爆)

20130804_113405
この後、雨が降ってるので写真はほとんど撮ってません。この雨の中でも切れ間なく人が登ってきますが、傘差しの方が圧倒的に多い。サンダルの方もいるし、完全に山をなめてますな。(^^; 黙々と下って再びリフト乗り場に下りたところでヤナギランが咲いてました。

20130804_114204
リフト乗り場からは逢ノ峰の横を回る舗装道路を歩いて帰ってもいいのですが、ロープウェイ乗り場の横から遊歩道に入ると少し近道になります。この道は知らない人が多いようですね。

というわけで、駐車場に帰ってきたら晴れてきました。くっそー、何やねん!(爆)

関連記事

スポンサーリンク

-登山
-, ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.