自転車

周防大島半周サイクリング

投稿日:2015 年 5 月 17 日 更新日:

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先週は中国地方へ遠征に行っておりました。一応LGS-POPを持って行ったのですが、ずっと天気が悪く、結局走れたのは一日だけ。これまでしまなみ、とびしまと一通り走りまして、あと周防大島へ行ったことがなかったので、それだけが目的でした。

周防大島は瀬戸内海で3番目に大きな島なので一周すると100kmを軽く超えそうです。僕の脚で、ましてや走らない小径車ではとても無理ですので(笑)、東半分の一周だけにしときました。現在は島全体が周防大島町になっていますが、もともとは4つの町に分かれていて、東半分に位置する旧東和町のエリアになります。

スタート地点は島の真ん中あたりにある「道の駅サザンセトとうわ」から。前日から車中泊しておりまして、本来は前日に走る予定だったのですが、天気がなかなか回復しないため翌日まで待って朝からのスタートになりました。

スポンサーリンク

走行コース図

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朝7時の出発なので少々肌寒い。ウィンドブレーカーを忘れたのが失敗でした。(^^; まず道の駅から右回りに走ります。見えている小島は我島ですかね? 道の駅のすぐ前にある島です。昨日からずっと海霧が出たり消えたりしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
少し走って和田というところまで来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さらに進んで逗子ヶ浜の海水浴場。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
島の先端に近づくと急に海霧が湧いてきました。幻想的な光景ですね・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして伊保田にある陸奥記念館というところまで来ました。キャンプ場が併設されてるんですけど、なぜか海上自衛隊の飛行機が展示されていたりします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
伊保田にて、島の最先端である雨振へ向かう道と分かれます。さすがにそこまで寄ってると遠くなりますので、ここで方向転換して島の南岸へ向かいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
途中、ちょっとした峠を越えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トンネルを抜けても延々と上りが続くのでおかしいなと思ってたら、道間違えてました。(^^; ああ、無駄に脚使ってしもた。もったいない・・(爆) でもその間違えた道からの景色がすばらしかったんですよ。まあ良しとするか・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
戻るのも癪なので、ショートカットして本来の道に復帰。これが油宇(ゆう)の漁港です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
島の南岸の県道60号を走ります。岬を越えるたびに上らされます。海には一面の雲海が広がり、すばらしい景色! こんな低い場所でも雲海が見えるんですね・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
馬ヶ原の集落まで下りてきたらまた霧に包まれます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
馬ヶ原から全コース中で最も高い大鼻まで80mほどの上り。ここからの景色がもう最高でしたね。海に浮かぶ島がまた雲の上に浮かんでいるという何とも不思議な光景・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大鼻から小泊へ下ります。瀬戸内海らしい美しい眺めですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
小泊まで下りてきました。真ん中の小さな島は四ツ小島と言うようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
またちょっと岬を越えて和佐の集落へ。すると廃校発見! 偶然に見つけた廃校は儲けもんですな(笑)。開導小学校と言うようです。廃校を見つけたら探索せずにはいられないのですが(爆)、草が深くてこれ以上進めません。いい感じの木造校舎なのに残念・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
和佐から片添ヶ浜に至る海岸は、ちょっと古い地図では道が途切れてつながってないんですけど、実際は立派な2車線道でつながってますよ。これがないと一周できないんですよね・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
一番高いところから片添ヶ浜を眺めます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
快適な道を一気に下って片添ヶ浜へ。ここから島を横断してわずかの距離で道の駅へ戻れますので、万一トラブルの際はエスケープも可能です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
片添ヶ浜がリゾート的な雰囲気のある海水浴場です。この後、適当な場所もなさそうなので、ちょっと早いですが東屋でお昼にしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
片添ヶ浜からちょっと南下して、小積というところでまた廃校発見。小積小学校と言うようです。今どき珍しい二宮金次郎像がしっかり残ってましたよ。今は海の家になってるみたいですが、まだ使ってるのかなぁ?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大積から地家室へ向かうところでまた上り。斜面に広がるミカン畑がいい風景ですねえ・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
向かいの沖家室島へ渡る沖家室大橋が見えてきました。地図で見ると小さいですけど、結構大きな島ですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
戻るのが大変なので(^^;、橋の真ん中まで上ってみました。これが州崎の港です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして地家室まで走りましたら、すげー廃校発見!(笑) この廃墟感、最高やわ(笑)。どうしても探索したかったんですが、どこから攻めても植物に占拠されていて到底入れません。鎌持って道開かないと無理やわ(笑)。惜しい、入りたかったなぁ・・(爆)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
地家室から、たぶんこれが最後の上り。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
岬を越えたところから伊崎の集落を見下ろします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
外入から西方向を眺めます。中央やや左、三角形に飛び出した山は嵩山といって、別名「大島富士」と呼ばれています。瀬戸内海の島としては珍しく、標高が618mもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大三郎鼻を越えて船越まで来ました。ここから島を横断して道の駅に戻ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
12時半頃、道の駅に戻ってきました。朝は車少なかったのにえらい増えたなぁ。LGS-POPとしては最も長い距離を走ったかもしれません。しかもアップダウン付き。50kmくらいなら走れそうな感じですね。しかし5時間半もかかってるんかよ! 休憩多すぎやわ・・(爆)

走行距離:47.3km
平均速度:13.9km/h

関連記事

スポンサーリンク

-自転車
-, ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.