ブログ運営論

なぜこのブログは人気がないのか?

投稿日:2017 年 3 月 10 日 更新日:

2月から毎日更新を停止して事実上放置状態になっておりますが、アクセスそのものは減ってません。むしろ微妙に増えたくらいです。訪問者数は毎日200人台で横ばい、ページビューは400前後でたまに500を超える日もあります。つまり更新はしてもしなくても同じということです。そして「更新してもアクセスが増えない」ブログこそ不人気ブログの象徴なのです。

更新されないブログが人気ないのは当たり前です。それならば毎日更新を続ければ人気は上がるはず?という仮説のもとに1月は毎日更新を続けるという実験を行ったわけですが、結果としてアクセスは元に戻っただけで頭打ちになることが実証されました。ということは、人気がないのは更新してないからではなく、原因は別のところにあると考えるのが妥当でしょう。

スポンサーリンク

もともと自転車ブログというのはそんなにアクセスが集まるはずはないというという先入観を持っていました。この世界にいるとあたかも自転車が流行っているように錯覚していますが、世間的に見れば自転車人口なんてものすごく少ないんです。つまりごく一部の人間だけの超マイナーな趣味ということです。趣味人口自体が少ないのでブログのアクセスもそんなに伸びるはずがないと思われます。たとえばクルマやスポーツ観戦のようなメジャー系の趣味に比べれば桁が1つや2つ違うことは誰にも想像できるでしょう。だから自転車系個人ブログのアクセスなんてせいぜい1日1000PVも行ったらいいところで、1万PVなんて絶対あり得ないと思ってました。

ところが最近になって自転車の個人ブログで1日1万ページビューを超える人気ブログが多数存在することを知りました。あり得ないと思っていたことが現実にあったのです。今もそれらのブログを毎日のように巡回していますが、確かに面白い。知識や経験が豊富だし、独自の切り口で語っていて読者を引きつけるものがあります。こういうブログって毎日更新をチェックするのは当然ですが、過去の記事も面白いのでブログ全体を巡回してもらえます。つまり一人あたりのページビューが大きいのです。これこそが人気ブログの特徴でしょう。

では面白いブログってどんなものでしょう? それは簡単に言えば「他人に真似のできないような凄いことをやっている」ということが一つの条件になると思います。誰にでもできることや、当たり前のことしか書いてないブログなんて面白くもないわけで、誰も読んでくれません。具体的にどんなことが「凄い」のかと言えば、たとえば超長距離ツーリングや超高速ツーリングといった体力自慢系、そして自転車のカスタムに途方もないお金をかけたり、超マニアックな改造を自力で行ったりする機材マニア系などがそれに当たるでしょう。こういうことって普通の人にはできませんし、それをブログという形で追体験することが面白いわけです。もちろん興味を持っている人にとっては有益でもあります。

でも僕みたいな凡人には他人に真似のできない「凄いこと」なんて何もありません。体力はないし、財力もありません。当たり前のことを面白く書く才能もありません。たかだか100キロにも満たないツーリングをして、「どこそこへ行ってきました」なんてくだらんことを書いても面白くも何ともないわけです。根本的に自分にはアクセスが伸びる要素がまったくないのですね・・

当たり前ですが、有益でない記事なんて誰も読んでくれません。読者は必ず何らかの役に立つ情報を求めて来ているわけで、それが提供できるかどうかにかかっています。でもそれにはお金がかかるんですよ・・

自転車系の人気ブログをいくつか徘徊してみて、ある共通点が浮かび上がってきました。それは例外なく「お金を持っている」ということです。高価な自転車を何台も持っていたり、パーツに惜しげもなくお金を注ぎ込んだり、交通費と宿泊費を贅沢に使って豪華なツーリングやグルメを楽しんだりといったことから、相当裕福な生活環境であることが想像できます。基本的に自転車というのはお金のかかる遊びなんです。面白い記事を書くためにはお金が必要です。

自転車に莫大な金をかけるということは普通の人にはできないからこそ、人は憧れの目でそういうものを面白がって読んでくれます。逆にこんな貧乏くさいしみったれたブログなんて読んでも面白くないどころか、貧乏が乗り移りそうで敬遠されます。ケチくさい話ばっかり聞かされてると自分までしょぼくれてくるでしょ?

人は景気のいい話を望んでいるのです。ブログも資金が潤沢にないと面白い記事は書けません。ブログの世界でも「持つ者と持たざる者」の格差が広がっているのです。結局、このブログが人気ないのは単純に「面白くない」からであって、自分のような何もない人間には無理なんだってことに気付いただけでした(爆)。

スポンサーリンク

関連記事

-ブログ運営論

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.