写真

マンネリを脱却せよ!

投稿日:

自転車専用ブログにするか悩んでいたところですが、やっぱり「ごちゃ混ぜ化」の方向へ持って行きたいと思います。これだけ自転車ブログ人口が増えてくると、ヘタレの書いた自転車日記など読んでも面白くも何ともないわけです。もうちょっと独自色を出していかないとねえ・・。自転車だけではネタがもたないというのもありますが(^^;、ここで新たな客層も掘り起こしたいという狙いから、写真も大々的にやっていきたいと思います。誰も見ない某所はもうアホらしくてやってられません・・

僕が写真をやめた理由には、デジカメの登場でアホらしくなったとか、ネイチャーを撮る人間のモラルが最低だとかいろいろありますが、直接的にはマンネリから抜け出せなくなったことが最大の要因だと思います。何を撮っても同じような気がして、もうこれ以上のものは撮れないと思ったとき、急速にやる気が失せていきました。まあ写真をやってれば誰もがぶつかる壁なんでしょうが、それを乗り越える前にあきらめてしまいました。ではマンネリを脱却するには具体的にどうすればよいのか・・?

先日、写真評論家の飯沢耕太郎さんの書かれたこんなコラムを読んでいて、なるほどと思わされました。マンネリを脱却するには「徹底的に誰かの真似をせよ」と言われております。好きな写真家がいるなら、その人の撮影スタイルや機材、ものの見方、そして考え方や生き方に至るまで、その人になり切ったつもりで徹底的に真似すべしということなんですね。真似というのはネガティブなイメージがありますが、決してそうではありません。別に写真に限らず、音楽でも文学でもすべては模倣から始まるのです。模倣が完璧にできるようになって初めて自分のオリジナルなものができるということなんでしょう。

では自分が気に入っている写真家はいるのか? 実は今、尾仲浩二さんにはまっています。3年ほど前に「GRASSHOPPER」という写真集を買って「これはいい!」と初めて感動したものです。写真集で感動するなどめったにないことですが、これは本当に感動しました。昨年は「DRAGONFLY」という続編も買って、また感動してしまいました。


地方へ行けばどこにでもあるようなごく平凡な風景なんですが、なぜか懐かしさを覚えずにはいられないのです。ネガフィルムで撮られた独特の色調とかもノスタルジーを強調しているのでしょうが、やはりものの見方が違うんだろうと思います。どれも普通の人なら「こんな場所で誰もシャッターを切らないだろうな」と思う風景ばっかりです。特に自分などはキレイなものだけを求めてそれ以外は素通り、何も見ていないに等しいですから・・。そこでシャッターを切ったということ自体がすごいことなのです。ただ古いものを撮ればよいというものではないでしょう。「古い」と「懐かしい」は違うのです。何百年も前からある神社仏閣はいくら古くても「懐かしい」とは思いません。「懐かしい」と感じるには自分の中の記憶と重ならなければならないのです。したがって、懐かしさとはきわめて個人的で微妙な感覚だともいえます。ある人は懐かしいと感じても、他の人は何も感じないかもしれません。自分にとっての「懐かしさ」とは何なのか・・?

そこから一つの目標が見えてきました。まず尾仲浩二さんのような作品を撮りたい。徹底的に真似したい。そしてそこから一歩進んで自分なりのノスタルジーを追求することを究極の目標とするのです。これでやっと写真のテーマが見つかりました。

何でも形から入れと言われますが、まずは撮影機材を真似ることでしょう(この辺がカメラバカの悲しい性ですが・・)。撮影データによると、尾仲さんの作品はほとんどすべてニコンF3に35mmF2のレンズで撮られています。フィルムはコニカミノルタ時代のセンチュリア200のようです。僕もF3は持ってますが、35mmは金策で売ってしまって今は手元にありません。そこで代わりにOM-4TiかCONTAX T3を使いたいと思います。そしてフィルムですが、コニカミノルタは写真から撤退してしまったので当然ながら今同じものは手に入りません。DNPのセンチュリアは今も売ってますが、実はコダックのOEMという噂で中身はまったく別物らしいです。しかも最近生産中止になってしまいました。でもまだキタムラで一本120円くらいで投げ売りしてますので当面の間はいけるでしょう。

機材を真似れば次は撮影スタイルです。尾仲さんはぶらっと旅に出て写真を撮るのを生業とされているようですが、自分もそういうスタイルに憧れます。地元を撮れなければどこへ行っても撮れないと言いますが、僕はどうも近所を撮るのが苦手です。あまりにも身近すぎて何も感じないからです。やはり旅に出なければ感性は刺激されないような気がします。ですからできるだけ旅をしなければなりません。それなりにお金もかかります。でもこれで旅に出る動機はできたわけですが・・

さて、これでどこまで尾仲さんに近づけるのかは今後の努力しだいです。

スポンサーリンク

関連記事

-写真
-

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.