自転車

2003.3.21 大和高原・茶臼山に登る

投稿日:2003 年 3 月 21 日 更新日:

実走日:2003年3月21日(金)
コース:南之庄~染田~向渕~深野~茶臼山~上笠間~小原~染田~南之庄

 暑さ寒さも彼岸までとは言うものの、いっこうに暖かくならずすっきりしない天気が続いていたが、今日は久しぶりに春らしい陽気になったのでちょっと出かけてみた。

 都祁村南之庄の三陵墓古墳群史跡公園を11時半に出発。古代人のモニュメントが立つこの公園はきれいに整備されて駐車場も完備しているが、あまり知られていないのか誰もいなかった。白石で国道369号を横断し、さらに直進するとゆるやかな上り坂となる。ちょっとした峠を越えると室生村染田に着く。2車線幅の広い道をまっすぐ行けばやがて川沿いの道となり、ゴルフ場の標識があって右に下っていく道と分岐する。ここを右にとって向渕方面へ向かう。しばらくゆるやかに上っていくと、道が大きく左へカーブする地点で最初の分岐がある。ここで一応地図を見て確認すると、左の道が正しいようだ。

向渕手前の分岐点

 分岐からもう少し上ると右手にゴルフ場の入口があり、間もなく下りに転ずる。下り切ったところは複雑な四差路になっていて、ここでかなり迷ってしまった。一応標識はあるのだが、地図には載っていない道がもう一本存在する。右へ行くべきか直進すべきか大いに悩んだが、道の曲がり具合から見て直進が正しそうだと思われたのでまっすぐ進む。すぐに急な上り坂となって間もなく右手にゴルフ場の入口があった。そして左側には駐車場のような空き地がある。ここでもう一度止まって地図を確認。よく見ると地図には池の記号があり、少し向こうにそれらしき堰堤が見える。どうやらこの道が正しそうなのでそのまま行くとやはり小さな池があった。

ここで一番迷った。直進が正解。

 そこから下りに変わり、大きく高度を下げる。そして2車線幅の広い道と交差するところでまた迷う。この道も5万図には載っていない。最近できた道のようだ。標識があったので見てみると、「深野」と書いてあったので、ここも直進するのが正しいようだ。そのまま少し下っていくと集落があり、突き当たりを右折する。

 再びゆるやかに上っていけばまた名張方面との分岐点がある。ここでまた地図を見て確認するが、左へ上るのが正しい。しかし、いきなり滑り止めの刻まれた激坂だ。

深野への上り。いきなり滑り止め付きの激坂が。

 覚悟を決めて上っていくとすぐに深野の集落が現れ、それほど長くは続かなかった。

深野の集落

 集落を過ぎた頃、右手に倶留尊山や尼ヶ岳など曽爾や伊賀の山並みが大きく広がる。ここからは結構きついアップダウンが連続し、疲れる。

深野より曽爾の山々を望む

 やがてこんな山の中に突然住宅地が現れる。「高原の村・青葉」として開発された別荘地である。そこに入ったところで右手にコンクリート舗装の狭い道があり、また迷う。一度通り過ぎたのだが、どんどん下っていくのでおかしいと思い、また引き返した。しかし、そのコンクリート舗装の道に入っていくと民家の庭先のようなところに出て行き詰まってしまった。結局無駄な寄り道だった。またもとの道に戻ってもう少し下っていくと笠間峠への分岐があり、もう一度地図を確認してここは直進する。別荘地の中を抜け急な坂を上っていくとまた下りとなる。帰りも同じ道を通らなければならないので嫌な気がする。

茶臼山を望む

 そしてまたもう一回上り、下り始めると前方に茶臼山らしきアンテナ塔のあるこんもりした山が見えてくる。このあたり酪農が行われていて、それらしき臭いが漂っている。道はどんどん下っていく。せっかく上ったのにもったいない。下り切って突き当たりを右折するとコンクリート舗装に変わり、茶臼山への最後の上りとなる。最初は何とか上れたものの、やはりここしばらく乗っていなかったので早くも足が売り切れてしまった。最後の50mほどの上りでついにダウン。乗って上るにはあまりにきつすぎる坂だ。押さない主義でもここは押し上げるしかない。5分ほど押してようやく山頂到着。

茶臼山より名張市街を望む

 山頂にはNHKの中継所があり、丸いパラボラアンテナが建っている。眼下には名張の街並みが箱庭のように広がっている。午後1時過ぎ、ようやく遅い昼食をとる。その後、歩いてすぐ横の三角点にも登ってみる。ここへ登ってもやはりアンテナが邪魔であまり景色は見えない。こうしている間に車で上ってきた家族連れが二組。決まったように「自転車で上ってきたの?」と聞かれ呆れられる。(^^;

 1:40に山頂を辞し、同じ道を引き返す。かなり足が売り切れ気味で、上り返しがつらかった。笠間峠への分岐からは今度は右に道をとり、上笠間へと下っていく。そこからは笠間川に沿って小原方面へゆるやかに上っていく。ここは何度か通ったことのある道だ。小原を過ぎて滝のあるあたりが一番勾配がきつく、かなりこたえた。そこからもう少しで初めに通った分岐点に出る。あとは元来た道を戻るだけだが、染田からの上り返しが結構つらかった。わずか28km、この程度のアップダウンでへたっているようでは先が思いやられるが、シーズン最初なので仕方がないか・・

走行距離 走行時間 平均速度 最高速度 最高地点 最大標高差
27.90km 1:44:22 16.0km/h 46.7km/h 535m
茶臼山
210m

関連記事

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.