ウェア 自転車

防寒グッズをいろいろとレビュー

投稿日:2019 年 12 月 26 日 更新日:

最近、冬は全くロードバイク乗ってませんでしたけど、ミニベロは買い物で毎日のように乗っております。そもそもロードバイク乗らない理由は冬用のウェアを持ってないからです。自転車って冬でも結構汗かくので、あんまり厚着しすぎると汗冷えで風邪引く恐れもありますしね。基本的に夏用ウェアで乗れなくなったらシーズン終了です(笑)。なので冬眠は最長半年に及ぶことがあります(爆)。

しかし半年も乗ってないと自転車はホコリかぶるし、体力が落ちてもう乗れないんですよね。ちょっと坂上がっただけでヒィヒィですよ(笑)。やっと乗れるようになった頃には「あっつ~、もう乗ってられんわ!」となるわけでして、毎年この繰り返しだと何の進歩もないわけです。体力の低下を最小限に抑えてスムーズにシーズンインするためには冬の間も時々トレーニングしておく必要があります。まあ遠くは行きませんけど・・

というわけで、ロードバイクで使えそうな防寒グッズをいろいろと買ってみましたので、まとめてレビューいたします。

スポンサーリンク

インナー

今までインナーってあまり気にしてなくて、適当にユニクロのヒートテックとか使ってたんですけど、あんまり暖かくない。実はインナーで大事なのは体への密着性なんですよね。普通の肌着のようにユルユルだと温まった空気が首元から逃げてすごく寒いんです。

やっぱり専用のものが良いんですけど、パールイズミとかは結構いいお値段しますよね。そこでロード乗りの間で最近話題になってるのが「おたふく手袋」のこちらの商品。

これもいろんなバリエーションがあるんですけど、普通にクルーネックを選びました。裏起毛が施されており、コンプレッションタイプで体にピッタリ密着することが特徴です。最初はちょっときついような感じがするんですけど、伸縮性のある素材なので動きを妨げることはありません。

これを着て上から冬用ジャージを着てみますとめちゃくちゃ暖かい! そんなに寒くない地方ならアウターは薄手のウィンドブレーカー1枚で十分でしょう。それでも上りは汗をかきます。この商品は吸汗速乾性にも優れているので、汗をかいてもベタベタせずすぐに乾きます。これも重要なポイントですね。

ロード乗りが絶賛するだけあって優れものですね。しかも値段もお手頃。これなら冬だけでなく、春先など半袖ではちょっと寒い時期にこれを下に着て、その上から半袖ジャージを着ればちょうど良さそうな感じですね。適用時期は結構長く使えそうです。というわけで、洗い替えにもう一着買っておこうと思います。

ボトムス

次にボトムスですが、これが上着以上に持ってるのが少ない。今まで持ってたのはタイツばかりでした。ただ、よくある自転車用のロングタイツは太股が突っ張る感じがして好きじゃないんですよね。ピチピチだと明らかに普段着には合いませんしね。といって普段着のジャージだと裾が絡まってしまいます。そこでちょっとカジュアルな感じのサイクルパンツを探してみました。

こちらの商品はSanticという割と有名な中華メーカーから出ているカジュアル向けサイクルパンツです。割とゆったりしているので普段着と組み合わせても違和感がありません。パッドが付いてないのも好都合で、お尻がゴワゴワすることがありません。普段乗りにパッドは不要でしょう。裾は細いタイプですが、ファスナーで開閉できますので脱ぎ着も楽です。普段使いには便利なポケットも左右に付いてます。

自分は身長167cm、ウエスト74cmでMサイズを選びました。ウエストはちょうど良いくらいですが、丈は若干長めで膝回りがややだぶつく感じでした。ただもう一つ小さいサイズだとウエストがきつくなりそうなので、これで妥協するしかないと思います。

もう何回か使ってますが、裏起毛で防風性もありますのでとても暖かいです。期待通り、太股はゆったりしているので動きやすくて良い感じです。ただレビューで多くの人が書いている通り、通気性が全くなくて蒸れます。10度以上あるような日だと暑すぎて汗をかいちゃいますね。水分が逃げるところがないので汗がこもってしまいます。この辺は防風性との兼ね合いなんでしょうけど、風の影響がない後ろ側などにベンチレーションは欲しかったところです。まあ欠点もあるんですが、普段乗り用としては快適なのでこれからも使うと思います。

グローブ

昔買った冬用グローブがいつの間にかボロボロになっていてもう使えないので新しいのを買いました。

防寒手袋はたくさん出ていますが、この商品を選んだポイントは脱着のしやすさとスマホ対応です。防寒手袋って手首がタイトになっていることが多いので、脱着がしにくいんですよね。その点、この商品はファスナーが付いているので楽に脱着ができます。もう一つ、今どきのトレンドとしてはスマホ対応でしょう。スマホを触るたびにいちいち外すのは面倒ですからね。この商品は親指・人差し指・中指の3本がスマホ対応になっています。

サイズは3種類あるんですが、自分はLを選びました。一応、指の長さと手のひらの回りは測っています。指先が余ると作業性が落ちるので、きつくない範囲でなるべくピッタリのサイズを選んだ方が良いと思います。

着用した感じは中がフリース地になってますのでとても暖かくて快適です。風も全く冷たくないですね。ただこれも通気性が皆無なのでやっぱり蒸れます。あまり気温の高い日だと中がびっしょり濡れます。時々外して通気した方がいいでしょう。ファスナーが付いているので着脱は簡単でした。スマホにもしっかり反応しますのでとても便利でした。指先が余ってると操作性が落ちますが、ちょっとメールを見たりするには十分操作できます。この便利さに慣れると普通の手袋は使えませんね。

インナーキャップ

ロードバイクに乗ってて一番寒いのは実は耳です。気温が一桁になるような日だと耳の冷たさはちょっと耐えられませんね。普段着ならニットの帽子でもかぶってれば良いんですが、ヘルメットをかぶるとそういうわけにはいきません。

ヘルメットの下にかぶるのにちょうど良いくらいの薄手のインナーキャップというものがあります。これは耳当てが付いているのが特徴で、耳まですっぽり覆ってくれます。全体がフリース地になっていますのでとても暖かいです。単独でも使えそうな感じですね。昔モンベル製の同じようなのを買ってたんですが、洗い替えにもう一つ買っておきました。日本郵便のゆうパケット、ポスト投函で送ってきます。

関連記事

-ウェア, 自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.