自転車

紅葉の三国越林道を行く

投稿日:2009 年 12 月 2 日 更新日:

最近XREAのサーバーの調子が悪く、ページが表示されるまでに非常に時間がかかっております。このサーバーには見切りを付けましたので7日に引っ越す予定になっております。もうしばらくご辛抱願います。といってもネタはございませんが・・

20091202_114229
三国越展望台にて

今日はこんな日に走らなければいつ走るんや?というお天気でした。世間は師走で忙しそうにしてはりますが、相変わらずヒマでヒマでしょーがないので仕方なく自転車に乗ってきました(爆)。最近ネタ切れで行くとこがなくなってますので、久しぶりに三国越林道へ行ってきました。たまには県外に出るのもええもんですな。サーバーが激重で更新もままならない状態ですので、五月雨式にアップさせていただきます。

スポンサーリンク

20091202_102741
鍵屋の辻に無料駐車場を発見しましたので、これからはここが定番です。10時30分に出発します。

20091202_103347
R163を渡って県道138号に入ると、御斎峠の山々もよく色づいております。

20091202_105521
鳥居出を越えて西山まで上ります。この後ちょっと下らされるのがもったいない・・

20091202_110112
旧島ヶ原村域に入ったこの場所から三国越林道に入ります。この地点で標高180m、560mの三国越まで上り一本です。

20091202_110737
上ってるとこんな紅葉が迎えてくれます。モミジみたいな派手さはありませんが、広葉樹の落ち着いた色合いも美しいですね。

20091202_111413
これぞ里山の色合いです。

20091202_112227
さらに標高が上がると背後に伊賀の山並みが浮き上がってきます。

20091202_114429
三国越の碑からさらに100mほど上らなければなりませんが、この道は斜度が緩くてそんなにしんどくはありません。御斎峠よりこっちの方が楽ですね。11時40分、三国越展望台の東屋に到着。今日は非常に空気が澄んでいて曽爾の山並みまでくっきりと見通せます。ここで昼食。

最近自転車もマンネリ化しておりますので何か打開策をと思い、新しいことを始めてみました。野外で音楽なんかやってみたいと思ってるわけですが、さすがにギターは持って行けませんので(笑)、超小型の楽器を用意しました。

20091202_124239
これは最も高い音が出るソプラノオカリナです。プラスチック製なので音はそれなりですが、軽くて落としても割れないのでサイクリングには最適です。630円。携帯できる楽器としては最も小型軽量ではないでしょうか? サイクリングといえばハーモニカが定番かもしれませんが、オカリナは半音が出せるので移調すればたいがいの歌は吹けるのです。その澄んだ音色は峠などの静かな場所にぴったりではないでしょうか。


三国越展望台で動画を撮りながら演奏してみました。「峠の我が家」「グリーンスリーブス」「荒城の月」を続けてどうぞ。なかなかピッチが揃わないのはご愛敬ですが(^^;、練習が足りませんな。でもやっぱり峠で吹くのは気持ちがいいですねえ。

20091202_125102
三国越展望台を後にしてもうちょっと上り、京都府との境を越えます。そこからちょっと下ったところを右折して林道多羅尾線に入ります。ここが滋賀県との境になっています。3つの府県にまたがっているわけで、これが三国越の由来になっています。

20091202_125559
ここを右に行けばalialiさんの大好きな激坂があるみたいですが(^^;、まっすぐ多羅尾の集落へ下ります。そして多羅尾からは県道多羅尾神山線でR422に出ます。実は動画ばっかり撮ってたらバッテリーが切れてしまい、この先写真はございません。(^^; 仕方なく走りに徹することに・・

神山からは県道伊賀信楽線で御葉木峠を越えて槇山へ抜けます。あとは河合川沿いの快適な道を走って阿山、佐那具へと向かいます。馬場のあたりで工事通行止がありましたが、自転車は通してもらえました。佐那具駅でちょっと休憩。せっかくキハが来たのにバッテリー切れで撮れんやないか!

佐那具からは線路沿いの県道高倉佐那具線で伊賀上野に戻ります。一応、alialiさんが事故った場所を注意深く通過します。(^^; 鍵屋の辻へは陸橋の前の信号を右折して線路沿いに進むと上らなくて済むのでちょっとだけ楽。午後2時40分に帰着しました。今日はいい天気だったし、これで当分自転車に乗らなくていいな。(爆)

走行距離:51.4km
平均速度:19.0km/h
消費カロリー:1521kcal
体重:56.6kg
体脂肪率:14.9%

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.