ブログ運営論

サーバー移転完了

投稿日:2009 年 12 月 7 日 更新日:

本日、サーバーの大移動を完了いたしました。これでやっと激重サーバーから解放されて超快適です。もうXREAは直す気ないみたいですね。あそこは無料サーバーと同居してるのでトラブルが多く、ダメですわ。前回も復旧するのに10日もかかりましたが、今年2度目のトラブルでさすがにキレました。さっさと乗り換えろってことか?

スポンサーリンク

今回はCORESERVERに乗り換えました。同じ会社がやってるので不安ではありますが、ユーザー数を少なめに設定しているのでそう不安定になることはないでしょう。今までのCORESERVERはオーバースペック気味だったのですが、廉価版の下位プランが今日からスタートしたので、この日を待っていたわけです。年間でXREAと100円しか違わないんなら乗り換えない理由はありません。まだ期間が十分残っていてもさっさと見捨てましょう。容量は6GBと一気に倍増しました。これでもう容量の心配をすることもないでしょう。

契約自体はすぐにできるんですが、移設が結構大変です。単純なHTMLだけのサイトならアップし直すだけで済みますが、XOOPSやwordpressなどのデータベースを利用したシステムはそう簡単にはいきません。ファイル数だけでも膨大なもので、クソ真面目にローカルにダウンロードしてから再アップロードなんてやってるととんでもなく時間がかかってしまいます。また以前の設定もやり直しになると大変な手間がかかってしまいます。そこで最もスピーディーに移行できる方法を実行しましたのでご紹介しましょう。ただしSSHでシェルログインできることが条件になるので、すべてのサーバーで可能というわけではありません。

1. 移転元サーバーからphpMyAdminを使ってデータベースをバックアップし、ローカルに保存する。
2. 移転先サーバーでphpMyAdminを使ってデータベースを復元する。
3. 移転元サーバーのドキュメントルート以下をzipコマンドで圧縮し、1つのzipファイルにする。
4. 移転先サーバーからftpコマンドで移転元サーバーに接続し、zipファイルをgetする。
5. 移転先サーバーでunzipコマンドを実行し、zipファイルを展開する。

これで元の環境が完全に再現できます。設定はデータベースに記録されているので再設定の必要はありませんし、画像も含めて完全にコピーされます。UNIXを使い慣れてない方には難しいと思いますが、覚えておいて損はありません。この方法ならあっという間に移設できました。ポイントはファイルを全部zipに固めてしまうことと、ローカルを一切経由しないことです。ファイル数が多い場合、一つ一つFTPで転送しているととても時間がかかりますが、1つにまとめてしまうと圧倒的に速いのです。数百MBある巨大ファイルでも、ローカルを経由せずに直接サーバー同士で通信する方がはるかに高速です。

カレントディレクトリにあるファイルおよびディレクトリをすべてzip化するコマンド
prompt$> zip -r zipfile.zip *

zipを展開するコマンド
prompt$> unzip zipfile.zip

FTP接続するコマンド
prompt$> ftp ftpサーバー名
その後、ユーザー名とパスワードを要求される
ログイン成功すると
ftp> cd でディレクトリ移動
ftp> dir でファイル一覧取得
ftp> get ファイル名 でファイルのダウンロード
ftp> quit で接続終了
ができる

スポンサーリンク

関連記事

-ブログ運営論

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.