自転車

バーエンド取付・グリップ交換

投稿日:

僕は足が売り切れてしまう前に尻や手の痛みが耐えられなくなって走れなくなることが多い。尻の痛みはサドルの交換によってかなり緩和されたけれども、手の痛みはいかんともしがたい。7月に高野山まで自走したときは足の方はまだ走れそうだったけれども、手の方が痛くてこれ以上走るのは無理だった。その後2~3日は手の痛みが取れなかった。
MR-4Fに初めから付いてきたグリップは材質が薄手でかなり固い。これは長距離乗っていると確実に手が痛くなる。グリップだけ柔らかいものに交換するという手もあったが、ポジションが変えられないのは辛いので、バーエンドも取り付けることにした。ただMR-4Fは輪行を前提としているので、邪魔になるような大きなバーエンドは付けられない。そこで小さめのものを物色してみると、タイオガから発売されている長さ6cmのものがあった。
IMG_0398.jpg
MR-4FにはPower Stud 6miniを取り付け
同時にグリップも柔らかめのものに交換。バーエンドを付けた分ブレーキが内側に寄るのを避けるため、長さ102mmの短めのグリップを選択した。バーエンドを実際に取り付けてみると、コンパクトで輪行の邪魔になることはなさそうだ。短いながらも太めのバーエンドは握り心地も良く、これがあるだけでも疲労がかなり違いそうだ。
同時にMTBの方もバーエンドを取り付け、グリップを交換した。こちらは長さ88mmのPower Stud 7を使った。グリップはMR-4Fと同じものを使っている。MTBも長距離乗っているとすぐ手が疲れてくる。フラットハンドルはどうも苦手なのだ。これで少しは楽になるだろうか?

MTBにはPower Stud 7を取り付け

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.