自転車

布目~月ヶ瀬花見ポタ

投稿日:


桃香野にて
今週末もまた雨かと思ってたら、日曜は午後から回復するとのことで、急遽F氏と走る話が持ち上がった。花見が目的だけど、平地の桜はもう散ってしまっているので、ちょっと山間部へ行けば見頃だろうということで、布目ダムを起点に月ヶ瀬を周回することにした。月ヶ瀬は梅が有名だが、桜の名所でもあることは意外と知られていない。
正午に布目ダム駐車場で待ち合わせしたのだが、20分ほど待ってもいっこうに現れず、これは場所を間違えたかなと思って、一つ南側の駐車場まで偵察に行く途中でF氏に遭遇した。o氏も走りたいと言ってたので来るのかなと思ったが、連絡がないらしい。今朝関東から帰ったばかりだし、また寝てるのかなと思ってとりあえず出発。
ダムから邑地の集落まで下ったところでF氏の携帯が鳴り、o氏から連絡があったようだ。しかし圏外でつながらないのでとりあえず先へ進む。下出から法ヶ平尾への道に入り、県道上野南山城線に出て月ヶ瀬へ向かう。最短距離の県道笠置山添線経由は上りが結構しんどいので、こちらの方が好きである。桃香野まで下ってくるとあたりは桜が満開だ。すでに散り始めて桜吹雪が舞っているが、散り際が最も美しいと感じるのは日本人的な感覚だろう。

スポンサーリンク

20060416_019.jpg
八幡橋あたり
今日は距離を走る予定もないので、まったりと写真を撮りながら真性ポタ。あっちで撮り、こっちで撮りしてるとなかなか進まない。
20060416_032.jpg
たんぽぽもいっぱい
20060416_042.jpg
月ノ瀬あたり
月ヶ瀬橋を過ぎて五月橋へ向かっている途中でまたF氏の携帯が鳴り、o氏から連絡が・・。いま桃香野まで来てるのでこちらへ向かうということでしばし待つ。まさか来るとは・・。その後10分もしないうちにo氏が到着。えらい早かった・・。考えてみればこのメンバーが揃うのは昨年12月以来で実に4ヶ月ぶり。
五月橋まで桜並木を楽しみながら、県道遅瀬西波多線に入り、だらだらと上っていく。上津で県道奈良名張線に出たところでちょっと休憩。
20060416_050.jpg
上津にて。ひさびさにo氏が合流。
あとは県道奈良名張線を北野までだらだらと上っていく。この上りは嫌いだが、話ながらのんびり走ってるとそんなにしんどく感じないのが不思議だ。北野からは津越へ下らず、直接腰越へ下るショートカット路をとる。布目湖畔の満開の桜を愛でながらダムの駐車場へ戻る。ちょうど4時。本日の走行30.8km、アベレージ14.8km/h。ほんとにポタペースだった。
その後、県道月瀬針線沿いの的野というところに枝垂れ桜があるらしいので、帰りに見に行く。ちょっと車で入るのが憚られるような狭隘路であったが、何とかたどり着いた。そして初めて対面したその枝垂れ桜は実に見事であった。こんなところに枝垂れ桜があることはまったく知らなかったが、まさに知られざる穴場である。枝垂れ桜は老齢化したものが多く、つっかえ棒がお約束になっているが、ここはそういうものがない。花の付き具合もボリュームがあり、樹の勢いを感じさせる。時間が遅いこともあるのかもしれないが、まったくカメラマンがいないのが意外だった。結構遠くから来る人もいるようなのだが、我々が到着したときにはすでに誰もいなかった。ここもカメラマンに目を付けられたら終わりだろうな・・。すでに暗くなり始めてブレ写真のオンパレードだったけれども、大量に写真を撮って解散した頃にはポツポツと雨が降り出し、すぐに本降りになった。なんちゅう天気や・・・。
20060416_067.jpg
大照寺跡の見事な枝垂れ桜
20060416_083.jpg
ほぼ満開。ジャストのタイミングだった。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.