自転車

奈良奥山周回

投稿日:


忍辱山付近の石仏
今日はどっか遠くを走ろうかということになっていたのだが、帰りの遅いo氏がなかなか帰ってこないので結局いつもの定番に・・。R氏がo氏を起こしてから行くのでどうせ遅れるだろうという読みもあってゆっくりと出発。11時半頃、奈良公園でほぼピッタリのタイミングで合流できた。

スポンサーリンク

20060430_1.jpg
春日山遊歩道を上る
いつものように公会堂から春日山遊歩道を上る。初めはしんどいと思ったものだが、何度も上っていると様子がわかってるので大してしんどいとも思わない。このあたり杉の古木が鬱蒼と生い茂り、GPSがまったく効かない。
20060430_2.jpg
若草山にて
若草山に着くと、今日はさすがに観光客でいっぱいだ。鹿せんべいをいっぱいもらっているので弁当を広げても鹿に囲まれることはない。ここで地図を見ながら3日のツーリング計画を相談。しかしあまりに無謀な計画にいまいち乗り気になれず・・。やる気満々の二人は怖いなぁ・・。
20060430_3.jpg
奈良奥山ドライブウェイを走る
いつものように奈良奥山ドライブウェイを走って石切峠を越え、峠の茶屋へ。
20060430_4.jpg
峠の茶屋にて
昼も過ぎたせいか、峠の茶屋は思ったほど混んでいない。店先で草餅など食べながらまたツーリング計画。やっぱり無謀だよなぁ・・(笑)。
20060430_5.jpg
峠の茶屋に棲みつくネコ
大慈仙方面からいつものように東海自然歩道に入り、柳生街道のシングルトラックを行く。これで3回目くらいかな? やっぱり溝状のところは苦手なので押してしまうけど、ほとんど乗って行けるようになってきた。
20060430_6.jpg
柳生街道のシングルトラックを行く
円成寺でいったん国道に出た後、再び柳生街道のシングルトラックに入る。ここは初めてだなぁ、結構ハードだ。o氏がすごい激坂を臆せずに突っ込んでいくが、こりゃちょっと真似はできないな。慎重に押して下ってゆるくなってから乗る。下りきって白砂川の畔に出たところは開けてのどかな雰囲気だ。突き当たりを右折するとどこかで見たような道。大柳生から白砂川沿いに上ってくる道だが、ショートカットしてこんなところから入れるとは・・。o氏はこの辺の道を全部知り尽くしているようだ。
20060430_7.jpg
白砂川沿いののどかな道
白砂川に沿ってダートのゆるやかな上りが続く。以前来たときはまったく気づかなかったのだが、左の崖に石仏が刻まれている。供え物が施されていて大切にされているようだ。
20060430_9.jpg
下誓多林付近
この道はきつい上りもなく、すごくいい雰囲気。下誓多林の集落に近づくあたりは広々として気持ちがいい。此瀬町から太安万侶の墓を経由して須山町へ向かう。時間が遅くなったので、o氏とR氏は再び石切峠を越えて帰るということで、ここで別れることにする。30kmしか走ってないのに珍しくo氏の弱音が・・。こんなんで100km走るってマジっすか?(笑)
20060430_10.jpg
正暦寺ではもうシャガの季節
あとは単独で矢田原から菩提山林道を経て正暦寺へ下る。紅葉の名所だけあってカエデの新緑が美しく、あたりはシャガが咲き乱れている。もうそんな季節になったんだなぁ・・。午後4時半ごろ帰宅。本日の走行42.5km、アベレージ12.6km/h。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.