自転車

登った、登った、美杉村の峠攻め

投稿日:2006 年 5 月 3 日 更新日:


大洞山・尼ヶ岳の展望が開ける
今日はo氏がぜったい走るぞと言ってた日だが、前日相変わらず帰りが遅い・・。よくありがちなパターンだが、日付が変わってもまだ行き先が決まらず、しかも二転三転するややこしい展開に・・。いったん消えたはずの川津今西林道が復活してみたり・・。もう遅いのでさっさと寝ることにして、朝6時半に掲示板を見てみると、すったもんだの末に伊勢奥津になったみたい。これもよくありがちなパターンか・・(^_^;。まあ川津今西は行けるとは思ってなかったけど・・。
8時半に出発して、10時ちょうどに集合場所の伊勢奥津駅に到着。F氏はすでに到着していたが、遅刻常習犯のo氏は案の定遅れている模様。o氏が10時と言ったら10時半になるので、あらかじめそれを見込んでおかなければいけない。30分以上遅れてようやくo氏とR氏が到着。自転車の準備とか何とかしてるうちに結局出発は11時に・・。この時間から伊勢山上で修行して、庄司峠も見てとか、そんなムチャクチャな・・(^_^;

スポンサーリンク

20060503_029.jpg
めったに撮れない名松線
伊勢奥津駅を出発して、県道久居美杉線を八知まで走り、F氏の食料補給のためAコープに立ち寄る。ここでたまたま名松線の列車が踏切を通過。2時間に1本しか通らないので、めったに見られない風景だ。
20060503_056.jpg
漆方面との分岐で大休止
八知から林道下之川八知線を登っていく。はじめのうちは割と急勾配だが、しだいに緩い勾配になって登りやすくなる。西側は山腹を巻くように走るので展望も良く、気持ちのいい道だ。向かい側には大洞山や尼ヶ岳などの雄大な展望が広がる。山々の新緑と抜けるような青空が何とも清々しい。林道ピークのやや手前に漆方面との分岐点があり、ここで大休止。漆は山上に開けた孤立集落であり、一度訪れてみたいところである。
20060503_066.jpg
下之川にて
分岐点から少し上ると標高約600mのピークに達する。下りは小刻みなワインディングが続き、快適そのもの。あっという間に下之川の集落に出る。
20060503_079.jpg
清水峠
下之川からは清水峠まで200mばかりのヒルクライム。昨年秋にN氏と逆方向から越えているが、こちら側からの方がまだ緩やかだ。結構しんどい上りが続くが、小さな池を過ぎると間もなく峠に着く。峠で旧道が合流し、小さなお地蔵様が祭られている。それはこの峠が今も健在であることを物語っているようだ。
20060503_104.jpg
伊勢山上の行場を見上げる
峠を越えて小原まで下り、次の白口峠へは本来右へ登るのだが、o氏おすすめの伊勢山上へ寄るということなので、左へ下っていく。県道嬉野美杉線は昨年も通ったが、この下りはなかなか爽快だった。落合の分岐を右に取り、再び上り返して伊勢山上(飯福田寺)に着く。この寺は修験道の行場として有名であり、o氏も何度か回ったことがあるらしい。でもクリート付きの靴では駄目ということでわざわざ運動靴まで持ってきているのだが、後の行程を考えるとこの時間からは厳しい。というか、こんなところでエネルギーを使ったら最後まで持たないぞ。というわけで、今日は見るだけにして先を急ぐのであった。
20060503_124.jpg
小原にて
白口峠を越えるためにはまた小原まで戻らないといけないが、同じ道を戻ってもつまらないので、また峠越えになるがさらに後山方面へ登っていく。なかなかしんどい上りだった。やっと峠を越えると中村で県道松阪美杉線に出て、小原へ下っていく。その途中、多数のサイクリストとすれ違った。自販機が見つからないので小原のひなびた商店でポカリを買って休憩。
20060503_147.jpg
白口峠
小原から上小川までまただらだらと登り。二又の分岐を右に取るといよいよ白口峠への上りが始まる。本日最後にして一番しんどい登り。いきなり直登気味の激坂だ。車両通行止の標識のところでちょっと休憩。距離にしてあと1kmというところだが、激坂の連続にまいった。ここからさらにしばらくコンクリート舗装の激坂が続き、ついにダートに変わる。何とか乗って乗れない勾配ではないところが微妙だ。やる気満々のR氏は一度も押さずに登っていく。o氏とF氏もそれに続く。自分はしんどいのであっさり押し。(^_^; インナーローで乗っても歩くのと変わらないと自己弁護してみたり・・。(^_^; ゼェーゼェーハァーハァーの必死の形相でやっとこさ白口峠に到着。植林の中の湿っぽい感じ。
20060503_170.jpg
白口集落の手前にて
白口峠の下りはすぐ二手に分岐して、直進が本来の峠道なのだが、左に新しく付けられた林道が並行している。先行する二人は迷わずそちらへ入ってしまったので林道を行くことに・・。結構ガレた路面で、こちら側から登るのはきつそうだ。割と長くダートが続いた後、コンクリート舗装となり、やがて開けた場所に出た。そこにはまだ八重桜が咲き誇っていた。やっと人里にでてきた時のこのほっとした感じがいいな。
あとはもう厳しい峠越えもなく、県道一志美杉線をゆっくりと登り、上多気から飼坂トンネル経由で伊勢奥津駅に戻る。午後5時半着。本日の走行54.5km、アベレージ13.4km/h。いったい何度登ったことだろう、ひさびさの激登りであった。累計標高差は軽く1000mを超えているだろう。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.