自転車

青山の峠三連発

投稿日:


白山と大原越を結ぶダート林道(東海自然歩道)
これでもかというほど晴れが続くので、中一日で今日も走ってきた。以前から考えていた桜峠・布引峠・大原越を一度に回る周回コース。起点は青山町とするが、この辺は道の駅などの施設が全くなく、駐車場所に困ってしまう。しかし休日なら役場の駐車場に停められるだろうと思ってとりあえず出発。名阪治田ICで下り、GPSのおかげで迷うこともなく、1時間で青山町に到着した。役場の駐車場はガラガラで大正解。キャパも大きいので休日であれば絶好のデポ地になる。午前10時前に出発。
20060505_000.jpg
休日で閑散とした伊賀市青山支所にデポ

スポンサーリンク

県道松阪青山線を川上まで進み、橋を渡って県道青山美杉線へ。この道を走るのは実に久しぶりで、12~13年ぶりくらいではないだろうか。以前とほとんど変わってないようだが、川上ダムの建設計画が持ち上がっており、新しい道が造成されている。ダムができたらあそこまで登らされるんだろうなあ・・。
20060505_007.jpg
出合付近ではまだ山桜が満開
この道はゆるやかな上りのためなかなか標高が上がらない。ずいぶん走った気がするのにまだ100mしか上っていない。
20060505_011.jpg
桜峠~古田間は通行止めがあり要注意
これから向かう県道老ヶ野古田青山線では桜峠~古田間で水道管の埋設工事が行われており、6月30日まで通行止めだ。ただし日曜休日は通行可となっている。
20060505_012.jpg
早くも田植えが・・
酒屋付近を走っていると美しい日本の風景が・・。
20060505_030.jpg
鬱蒼たる杉林に覆われた桜峠
上出の集落を過ぎると結構急な勾配となり、11:14に桜峠到着。桜峠は名前とは裏腹に鬱蒼とした杉林の中にあり、薄暗いところ。
20060505_041.jpg
桜峠~古田間のピーク付近
桜峠の分岐を左にとり、県道老ヶ野古田青山線に入る。山腹をトラバースするようにゆるやかに上る。南斜面に沿った区間は時々展望が開ける。伊賀市(旧青山町)と津市(旧美杉村)の境となるピークは標高655m。ここが本日の最高地点だ。
20060505_065.jpg
なぜか駅名標がある布引峠
ピークを越えるとほどなく古田の集落に出て、県道松阪青山線と合流。池の畔にお誂え向きにベンチがあったので、そこで昼食。開けた場所なのに今日は時々GPSがロストしているな。なぜだろう? ほんの少し上ればほどなく布引峠へ。あたりはメナード青山リゾートの敷地になっており、何かと騒々しいところだ。
20060505_071.jpg
この分岐を左へ入る
布引峠を下ってすぐ、左の細い道に入ると県道老ヶ野古田青山線だ。この道はほぼ標高600m前後を維持しながら水平に走っている。ときどきアップダウンもあるが、まあまあ快適な道。ただ路面がかなり荒れているのでロードでは辛いだろう。
20060505_083.jpg
県道老ヶ野古田青山線はいい雰囲気
20060505_087.jpg
左のダートが東海自然歩道の入口
白山の自衛隊駐屯地のところで立派な2車線路となるが、これを下ってはいけない。大原まで下ってしまうとまた上り返しになるので、ほぼ水平に走る東海自然歩道に入る。ここでちょっと迷ってしまったが、左へ上っていくダートの激坂がそれである。激坂は最初だけなので安心すべし。この林道は前半はやや上り調子、後半はやや下り調子となっており、ほぼ同じ標高を保っている。前半は杉林の中の湿っぽい道だが、後半は割と締まった走りやすい路面となる。ネットで探してもこの道に関する情報が見つからなかったので、ついに自ら調査することになった。これだけのためにMTBで来たのだが、これはロードでは絶対無理。
20060505_115.jpg
大原越
このダート林道は結構長くて思いのほか時間を要した。やっと抜けて県道城立青山線に出たところで、右折して大原越に立ち寄る。ここはれっきとした峠である。県道とはいえ通る車もなく、風の音以外何も聞こえない静かな峠であった。GWの喧噪の中、贅沢な気分を味わう。
20060505_123.jpg
奥鹿野付近
あとは奥鹿野へ向けて一気に下っていくだけ。この道も非常に路面が悪く、杉の枝や葉が散乱しており、ロードでは辛いだろう。植林が深く、奥鹿野に抜けるまでGPSがまったく効かなかった。
20060505_131.jpg
柏尾川沿いの道
奥鹿野からは近道をしようと柏尾川に沿った道に入ったのだが、この道がなかなか雰囲気が良く、上り返しもないのでお得な感じの道であった。
午後2時半に役場に戻った。単独だとすごくペースが速いな。本日の走行44.1km、アベレージ14.8km/h。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.