自転車

葛城山麓流しそうめんポタ

投稿日:

今日はR氏主催の「流しそうめんポタ」が行われたので、それに参加するべく、御所まで往復してきました。というか、ポタ自体は20kmほどしか走らないので、それだけではカロリー消費できません。(^_^;
九品寺に9時集合だったので、7時半前に家を出ました。飛鳥川と葛城川の2本のサイクリングロードを乗り継いで、1時間半で到着。これが御所への定番ルートになりそうです。出発した頃はまだ朝の涼しい空気で気持ちよかったですが、9時前になるともう暑くて汗ダラダラです。(^_^;

九品寺に集まる面々

スポンサーリンク

九品寺では加茂屋さんが新開発された輪行袋の実演が行われました。どういうものなのか大いに興味がありましたが、実物を見てみてなるほどと納得です。これは今までにない画期的なシステムです。多くの人を輪行の苦しみから救ってくれることでしょう。もうすぐ発売されるそうなんで予約受付中ですよ、と宣伝しておきましょう。(^_^;
まあポタ自体はいつものコースなので特に真新しいものもありませんが、こんなクソ暑い日に走ったのは初めてじゃないかと・・。最後の高天への激坂では文字通り滝のように汗が流れました。もちろんこんなとこは押して上がるのが常識です。あれを乗って上がるのはビョーキです。(^_^;
20060806_023.jpg
御所市西北窪
それから炎天下の上りではGPSが熱暴走するという恐ろしい事実を発見してしまいました。平地をある程度のスピードで走っているときは強制空冷されているのでそれほど熱くならないのですが、低速で直射日光に晒されるとものすごく熱くなります。その結果、熱暴走を起こして操作をまったく受け付けない状態に陥ってしまいます。こうなると電源も切れないので、一旦電池を抜いてリセットするしかありません。知らないまま走っていたので、今日のログは一部取れませんでした。
それで這々の体でやっと高天彦神社にたどり着きました。そこへ自転車を置いて、少し山奥にある高天不動滝まで10分弱歩きます。滝の近くはぐっと涼しくて極楽です。ここの滝は水がきれいなので直接水を引くことができ、流しそうめんに最適なのです。R氏らが昨日から竹樋などをセットしてくれていたのですぐに流しそうめん開始です。
20060806_038.jpg
そうめん流す人
20060806_056.jpg
食べる人
実は昨年も参加していたのですが、突然の大雨で増水し、そうめんどころではなくなったので、別の場所で普通のそうめんになってしまいました。だから「流し」そうめんは今回が初の体験なのです。「利き手を下流側に立つ」という意味がよくわかりました。そうでないとうまくすくえません。(^_^; 特製の麺つゆや薬味で味は抜群でしたが、これの恐ろしいところはいくら食べたかわからないことです。(^_^; 腹が重くなるまで食べてしまい、炭水化物摂りすぎで思いっきりカロリーオーバーになりました。(爆)
そうめん終了後は高鴨神社近くの喫茶で軽くお茶して休憩し、最短コースで九品寺へと戻りました。そこから皆さんと別れて天理まで帰ります。4時前なので多少はマシですが、行きとは比べものにならない暑さにうんざりします。熱中症にならないようこまめに水分補給しながらペース抑えめで走ります。やはり1時間半ほどかかって午後5時過ぎに帰り着きました。やはり出発前よりも大増量して帰ってきました。(爆)
20060806_060.jpg
喫茶で休憩
走行距離:71.7km
平均速度:17.1km/h
体  重:61.0kg
体脂肪率:16.0%

関連記事

スポンサーリンク

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.