自転車

山の辺の道

投稿日:


衾田陵にて
今日も仕事がなく(はデフォルトなんで理由にならないけど)、天気が良かったので久しぶりに山の辺の道をポタってきました。
山の辺の道は天理を境に北山の辺と南山の辺に分かれますが、南山の辺と言ったら普通は石上神宮を起点とします。しかしその辺は結構きつい箇所があるので、いつもは乙木町の夜都岐神社から南下することが多いです。今日もそこから行こうと思ってたら、うっかり行き過ぎて竹之内町からのスタートとなりました。(^_^;

スポンサーリンク

この時期の平日だとほとんど人通りもなく、結構快適に走れます。ちょっと厚着しすぎたみたいで暑いくらいですなぁ・・
20061220_008.jpg
崇神天皇陵
ここは夕日が有名なポイントで、夕方に行くとたいがいカメラマンが集まっています。背後には葛城山が見えます。
20061220_013.jpg
渋谷町にて
景行天皇陵のあたりは最も景色の良いところです。何でもない風景ですが、雲が面白かったので撮りました。
20061220_019.jpg
穴師より三輪山
景行天皇陵から南へ下っていくと、三輪山が正面に見えます。おそらくここが最も美しく見えるポイントです。穴師からは県道の上りがちょっと続いて、山裾の水平なダート道に入ります。そして間もなく桧原神社へ。
20061220_024.jpg
桧原神社近くの道
桧原神社から玄賓庵へ続く道は鬱蒼たる樹林に覆われ、蒼古の面影をとどめています。ここは写真家・入江泰吉氏が撮影した有名なポイントです。玄賓庵から狭井神社を経て大神神社までの間は石畳が多く、ちょっと走りづらいところです。
20061220_032.jpg
大神神社
そして山の辺の道の終着点・大神神社に着きました。大神と書いて「おおみわ」と読みます。もう年越しの準備が始まっているようです。せっかくなのでお参りに行きます。「今年の悪運が去ってくれますように・・」と真剣にお願いしたのは言うまでもありません。(^_^;
帰りは三輪から上街道で。歩いたら片道半日はかかる行程ですが、MTBなら行って帰って3時間弱。ちょっとした散歩でした。
走行距離:22.1km
平均速度:13.3km/h
体  重:59.9kg
体脂肪率:18.5%

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.