自転車

トレイル仕様に変更

投稿日:

明けました。おめでとうございました。
現在MTBに装着しているタイヤはPanaracerのスピードブラスター 1.75インチなんですが、年末にふと後輪を見てみるとなんじゃ~これは!

Panaracer スピードブラスター 1.75
中央のノブがいくつか取れてしまっているではありませんか! しかもこれだけじゃありません。一周ぐるっと見てみるとかなり取れてます(汗)。取れたところは中の繊維が見えていて、これってかなりヤバイ状態なんじゃ?
先日の甲賀トレイルでちょっと荒っぽく乗ってしまったので、それで取れたんでしょうね。しかしPanaracerは全般的にゴムが弱く、ヒビ割れするのが異常に早いような気がするぞ。これで2年目だけど、1年目ですでにヒビだらけだったしね。舗装路での転がり抵抗低めで重宝してたけど、これはアカン!
次のタイヤ選びで何がいいのか物色してたけど、スリックに近いものではMTBの意味がなくなるし、あんまりブロックパターンのきついものは舗装路で重いんでイヤだし、なかなかいいのが見つかりませんなぁ。それに年末年始で注文してもすぐ入らないだろうしね・・。
しかしこのままでは走れんので、何とかせにゃならんと思ってたら、うちには予備があったことを思い出した。実は納車時に標準で履いていたタイヤなんですが、IRCのミトスXC 2.10インチ。あまりに太いんで、購入後2ヶ月でスピードブラスターに替えちゃったんですよね。だからほとんど新品のまま使ってないんです。よく見るとゴムのヒゲまで残ってますね。とりあえずあるものから使えってことで、前後とも交換しました。
IMG_6286.jpg
IRC ミトスXC 2.10 フロント
IMG_6276.jpg
IRC ミトスXC 2.10 リア
まあ見ての通り、完全なブロックパターンでしかも前後でパターンが違うタイプです。太さの割には重量は軽めで舗装路での抵抗も低めと言われてますが、ほんまかいな? 確かにトレイルではこのくらい太さがあった方が安心感はありますが、これで舗装路は走りたくないですねぇ・・。舗装路走ったら唸りがすごいですよ。(-_- しかし見た目はかなりアグレッシブになりましたねぇ・・
というわけで当面の間、完全なトレイル仕様になります。(^_^; まあここまでハッキリさせると、舗装路である限りどんな急勾配であろうとロードバイクで行くという使い分けはできるんですけどね・・。というか、ダート2kmくらいまでならロードバイクで行きたいです。(^_^;

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.