自転車

お買い物

投稿日:

今日は久々にお仕事の営業で大阪まで行ってきました。PHPの開発案件があるとか・・。まあこの手の話は仕事につながった試しがないので大して期待はしてませんが、一応種は蒔いとかんと芽は出ないんでねえ・・
こういう機会でもないと都会に出られない田舎モンなんで(^_^;、ちょっと自転車パーツを物色してきました。といっても僕はグレードがどうのこうのってのには興味がないんです。(^_^; よく見るのはツーリングに便利そうな小物アイテム。いつも立ち寄るのはビックカメラなんば店の1階自転車売り場。ここは意外と工具類やキャットアイのスモールパーツが揃っているので重宝してます。
MR-4にはフロントバッグを付けてるんですが、そうするとライトを付ける場所がなくなってしまうのが誰しも経験する悩みだと思います。ナイトランはやらないと言ってもトンネル好き(?)の僕には深刻な問題です。これを解決するアイテムとして、ミノウラのスペースグリップやCBあさひの「灯火」なんていう商品がありましたが、いずれもハンドル周りがゴチャゴチャしたり、ホイールの脱着が面倒になったりする欠点があって、導入に踏み切れませんでした。そこで苦肉の策としてこういう取り付け方をしていました。

現状の取り付け方法/何が危険かわかりますか?
写真ではちょっとわかりにくいですが、ライト本体を横向きにして無理やりフロントフォークに取り付けてます。これで一応ガタツキはないし、ちゃんと路面は照らしてくれるので問題ないように思えます。
しかしここには重大な危険性が潜んでいるということは勘のいい方ならおわかりでしょう。そうです、万が一ライトが何かに接触して向きが変わってしまうと、内側のノブがスポークに絡んで前輪がロックします。そうなると当然前転して体ごと前に放り出されるでしょう。ダウンヒル中でスピードが出ていたら重大事故につながりかねません。想像しただけでも恐ろしいです。幸いケガがなかったとしても、スポークは折れ、走行不能になります。24インチホイールだから修理も困難です。万事休す。
そういう危険性は十分認識しているものの、どう考えてもこれ以外に解決方法がないので仕方なく現状維持になっていました。「いつかやるだろうなぁ」と恐れながら・・・。ところが今日この問題を一気に解決してくれるいい商品を見つけました。それがこれです。
IMG_6356.jpg
ミノウラ・ライトホルダーLH-50
これもフロントフォークに取り付けるものですが、金属製のバンドで様々なフォーク径に対応できます。これなら横向きにする必要もないし、スポークと干渉する危険性もありません。ホイールの脱着に影響することもなく、実にスマートな解決法です。さすがミノウラ、やりますな。
それともう一つのお買い物はこれ。
IMG_6355.jpg
シマノ・ケーブルカッターTL-CT10
ワイヤーの交換くらいは自分でやらんと・・・と思っても、切断がなかなか難しいんですよね。特にブレーキワイヤーは太いのでニッパーで切ろうと思ってもなかなか切れません。やっぱり専用工具が必要です。少々値が張りますが、ケーブルカッターの一つくらいは持ってないと・・・ということで購入。
その他、今日は買ってませんが、ゼファールの大型バックミラーとか、例の発電式テールランプ「ランピール」も売ってましたよ。今度行ったらバックミラー買ってみようかな。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.