自転車

春になったら見とけよ(笑)

投稿日:

今日も結局家から一歩も出ませんでした。(笑)
前もって行き先が決まってないと、ぐずぐずしてるうちに昼になり、夕方になり、気がついたら一日終わってた・・というのがいつものパターン。
思い立ったらいつでも出られるように、常にツーリングのネタはストックしておかないといけないなぁと痛感しております。(^_^;
そこで、天五さんにならって「春になったら見とけよ」シリーズ(別に春にならんでもええけど)を始めます(笑)。ヒマにまかせて妄想だけでどんどんネタを作り込んでいこうという企画です。(^_^;
自転車始めて一年くらいの人の場合、ほとんどが初めての場所ばかりで、行きたいところが山ほどあって行き先に悩むなんてことはまずないでしょう。一年かかっても全部行き尽くせないほどネタが溜まってるはずです。僕にもそういう幸せな時期はありましたよ。(^_^;
でもね、長いことツーリングやってると、ここも行った、あそこも行った・・・と行ったとこだらけになってくるんですよ。近場はもう隙間がないほど埋め尽くされて、新たな場所は相当遠くに行かなければなくなってきます。ちょっとやそっと考えても新しいネタが出てくるはずがないんですよね・・
それでも何とか未踏地はまだ少し残ってるんですよね。遠いということだけじゃなく、距離的・標高的にこれまで不可能だったところが、自分のレベルが上がるにつれて可能になってくるということもあり得るわけです。そういうところを中心にネタを発掘していきます。
で、まず考えたのが以下の4つのプラン。
千石越林道 約57km
道の駅「おおだい」を起点に左回りに周回します。ちょっと遠いですが日帰り可能な範囲です。一発だけですが、標高700m余りの峠を越えるかなり厳しいコースです。この林道は完全舗装済みです。まあ距離的には短いので
奥西河内林道と藤越 約76km
これも道の駅「おおだい」を起点に左回りに周回します。度会山地を横断して二つの峠を越えるコースです。奥西河内林道は完全舗装済み。藤越は一度走ったことがありますが、膝痛のためほとんど押した苦い思い出があります。ぜひともリベンジを果たしたいところです。
ツール・ド・高知(笑) 約100km
いきなり四国に飛びますが、フェリーを使えば十分実現可能なコースです。大阪南港22:40発→東予港6:10着。早朝から走れるので一日フルに使えます。四国を横断する壮大な(?)コースですが、高知は意外と近くて100kmしかありません。新寒風山トンネルのおかげで標高700mまで上るだけになりました。あとは概ね下りですが、後半の上り返しがちょっと堪えそうな・・。大阪~高知のフェリーがあった頃はゴール後またフェリーで帰るという日帰りも可能でしたが、フェリーが廃止されてしまったので高知で一泊は余儀なくされました。
徳島の山地周回 約98km
もうちょっと現実的に日帰り可能なプランで考えてみました。和歌山港に駐車場ができたため、早朝便を利用すれば何とか日帰りは可能かなと思います。徳島の山深さを存分に味わえそうなコースです。高知よりこっちの方がハードそうな気はしますが・・
ということで、近畿地方にはほとんど残ってないんですよね・・。まあ南紀とか北近畿へ行けば未踏地の宝庫なんですけど、あっち方面は一泊しないと絶対無理なんでねえ・・。新天地を求めて四国へ進出していきますか。(^_^;
しかしまあ、自転車を初めて半年やそこらの人が平気で150kmとか標高1000mとか走ってるわけですが、僕は何十年やってもそれができないんですよね・・。これはもう、練習量とかの問題ではなく、基礎的な体力の差だと思うんですよね。そういう人は初めから体力があったわけで、体力のない人がいくらやっても追いつけないんですよね。それさえできれば近場でもっと走れるところができるのになぁ・・

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.