自転車

春になったら見とけよシリーズ・その2

投稿日:

またヒマにまかせて妄想中です。(笑)
大紀南島林道と古和峠 約52km
これもまた南勢方面ですが、古和峠は未踏で行ってみたい峠の一つ。ところがなかなかコース取りが難しく、そこそこ走りごたえがあって、かつハード過ぎない程度の落としどころを求めていました。とにかくいったん海側へ下ってしまうともう一度どこかから上り返さなければならないので大変です。藤阪峠と組み合わせるのも魅力的ですが、かなり手強い峠であるためちょっと敬遠して大紀南島林道との組み合わせで考えてみました。
大紀町の道の駅「奥伊勢木つつ木館」を起点とします。どちら向きに回るか悩むところですが、海側から大紀南島林道を上るのはかなりイヤなので先に大紀南島林道を越えます。そしてR260の旧道で小方峠という未踏の峠をゲットします。そしていよいよ古和峠への上り。標高400m弱とはいえ、海から正味の上りですから相当辛いと思われます。帰りは「阿曽温泉」で決まりですな。
剣峠と床木峠 約54km
剣峠は三重県でも人気ナンバーワンの峠ですが、まだ訪れる機会がありませんでした。どうもこちら方面は一泊しないと無理という固定観念があったのですが、実は十分日帰りできるということがわかりました。床木峠というのはこれまでまったくノーマークでしたが、これと組み合わせればうまい具合に周回できて、一日で二つ峠をゲットできる美味しいコースです。この方面は近鉄の方が断然早いので、日帰りするなら輪行が前提ですね。
日高川ツーリング 約86km
これは前から一度やりたいと思ってるんですが、まあ田辺で一泊しないと無理ですね。翌日どこと組み合わせるかが問題です。このコース、実は半分くらい走ったことはあります。美山村あたりは本当に秘境という感じが強いですね。日高川沿いに龍神村まで行って虎ヶ峰トンネルを越え、奇絶峡を抜けて田辺市へ下ります。

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.