自転車

県道加太柘植線

投稿日:


加太柘植線は苔むした荒れた道が続く
今日は休みだったので、お預けになっていた「県道加太柘植線」を攻めてきました。今日は朝方曇ってましたが、昼前からよく晴れてきました。この辺まで来ると風も涼しくて心地良かったです。舗装とはいえかなり荒れていることが予想されるため、久しぶりにMTBで出動します。

スポンサーリンク

大山田の「せせらぎ運動公園」に車をデポして11:26の遅い出発です。
20070912_112604.jpg
せせらぎ運動公園
県道伊賀青山線で壬生野まで行き、川東で分かれて柏野方面へ向かいます。これは少しでも坂を避けるためです。そして柘植川沿いの道に入ります。
20070912_120732.jpg
柘植川
そして旧街道を通りながら柘植へ。わずかながら徐々に上っています。
20070912_122457.jpg
柘植の旧道
伊賀ドライブインが見えてくると間もなく県道加太柘植線の入口に着きます。ところがいきなり「通行止」の看板が・・。よく見ると「2t車以上」と書いてありました。(^^; 一瞬焦ったじゃないか・・
20070912_123638.jpg
県道加太柘植線の入口
この道に入るとずっとギリギリ一車線が続きますが、開通記念碑のあるところまでの直線上りが特にキツいです。明らかに12%は超えてますね。木立に覆われて雰囲気はいいんですが、名阪国道の騒音がなかなか遠ざかりません。
20070912_124904.jpg
この開通記念碑までがエグい!
そしてここまで来るとほっと一息です。この先はスイッチバックの連続となり、勾配もだいぶましになります。やっと名阪国道の喧噪が遠ざかり、最後の盛り上がりとばかりにミンミンゼミとツクツクボウシが盛大に鳴いています。もちろん車なんかまったく来ません。雰囲気はいいですが、路面は落石やら苔やら枯れ枝で荒れてますのでロードバイクは要注意です。
だいぶ休憩してましたが、たいした激坂もなく峠にたどり着きました。まあ展望はまったくない湿っぽい感じの峠ですね。ここまで上ってくるとかなり涼しかったです。
20070912_132548.jpg
ここが無名の峠
下りは短くて、それほど標高を下げることなく県道関大山田線に合流します。いきなり立派な道に出るのでビックリするかも。
20070912_135756.jpg
関大山田線との合流点
そして蝙蝠峠まであと60mほど上り返しますが、これが結構しんどい。足が売り切れそうになりました。(^^;
20070912_141116.jpg
久々の蝙蝠峠
ちなみに蝙蝠峠って「こうもりとうげ」と読むんですよ、知ってました? 何でコウモリなんかわからんけど・・。ここへ来たのは12年ぶりですねえ・・。昔は大山田村と関町の境でしたが、今は伊賀市と亀山市の境になってます。
峠からは2車線の道をぶっ飛ばして下ります。ほとんど直線的で、これを上るのは非常にしんどい・・。そして「さるびの温泉」の前から近道するために旧道に入ります。猿野の集落内は古い町並みがそのまま残り、とてもいい感じです。これが旧伊賀街道ですね。
20070912_143329.jpg
情緒溢れる猿野(ましの)の町並み
あとはR163を淡々と流してデポ地までノンストップで走ります。少々向かい風なのがうっとうしい・・。そして15時ちょうどに「せせらぎ運動公園」に戻ってきました。
走行距離:36.7km
平均速度:16.2km/h
体重:60.0kg
体脂肪率:20.3%

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.