自転車

ひさびさに童仙房

投稿日:


美しい茶畑を見ながら上っていく
三連休初日の今日は絶好のツーリング日和。昨夜からどこへ行こうか考えあぐねた挙げ句、久しぶりに童仙房でも行ってみることにしました。奈良はもうどこ行っても飽き飽きなんでね、たまには北方面も行ってみないと・・。
たぶんこれで四度目かな? 以前は結構気合いを入れないと行けないようなところでしたが、先日の大台ヶ原で感覚がマヒしてしまい、標高差400m? 楽勝やんけ!ということになってしまいました。(^^;
2回は島ヶ原から輪行で帰ってたのでMR-4、1回は笠置からMTBで激坂を登らされたし(^^;、ひょっとしてロードで行くのは初めてかな。周回コースとなるとR163を戻るのはイヤなので、信楽経由ということになりますが、問題はスタート地点。駐車場のある木津町グラウンドを起点にすれば和束まで往復28kmもプラスされます。正直この道は何度も走っててかったるいのでできるだけ省略したいところです。和束を起点にすれば完全な周回コースにできますが、駐車場所があるかどうかわからないのが不安・・。まあとりあえず行ってから探すことにしました。するとちょうどうまい具合に「和束運動公園」があり、あまり広くはないけど駐車場がありました。ここに停めて10時過ぎに出発しました。

スポンサーリンク

20071006_100411.jpg
和束運動公園からスタート
府道宇治木屋線を笠置方面へ上っていきます。
20071006_101411.jpg
茶畑にコスモスが彩りを添える
木屋峠の手前で左折して三国越林道に入ります。ここから切山の分岐までが一番しんどいところです。
そこを過ぎればもう長い上りはなく、上ったり下ったりを繰り返しながら尾根上を走ります。途中ちょっと展望が開ける場所があって、笠置の集落が眼下に見えます。遠くには神野山やはるか曽爾の山並みまで望めます。初めて来たときは結構感動したんですが、徐々に樹木が茂って見通しが効かなくなった気がしますな。
20071006_110517.jpg
笠置方面の絶景
和束町と南山城村の境でピークを越え、少し下って童仙房の中心・四番地区に着きます。ここにある唯一の自動販売機で飲料補給して、「ないおん寺」前の東屋で昼食にします。
20071006_113350.jpg
いつもの東屋で昼食
ここから野殿へは一山越えなければなりませんが、今度はメインの道ではなく、一つ北側を通る黒線道を初めて通ってみました。こちらの方が少し遠回りだけど標高的に30mほど得するはずです。「この先通り抜け不可」の看板で右折すると完全一車線の細い道ですが、なかなか良い雰囲気です。確かに少しだけ楽な気がしました。
20071006_120733.jpg
童仙房五番~野殿を迂回する道

童仙房五番~野殿を走行中の動画
信楽方面へは九番を経由して牛場越の方が近いですが、未踏の道を走ってみたいので野殿から三国越近くまで上ります。
20071006_122313.jpg
野殿から三国越へ
この道が結構アップダウンが多く、しんどい上りです。三国越に出るちょっと手前のところに多羅尾方面への分岐があります。
20071006_123636.jpg
三国越の手前から多羅尾への道に入る
ほんの少し上るとピークに達し、そこからは林道多羅尾線となります。この林道は平成19年竣工と書いてありますが、思いの外立派な道でした。
20071006_124324.jpg
林道多羅尾線は意外と立派な道だった
多羅尾へ出るちょっと手前から林道は右へ分岐して山を登っていきますが、ひょっとすると御斉峠まで続いているのでしょうか?
予定では多羅尾から大戸川沿いに下り、鶏鳴の滝に寄っていくつもりだったのですが、新田を過ぎたところにこんな看板が・・・
20071006_125749.jpg
ガーン! 新田を過ぎたところで通行止の看板が・・。やむなく引き返す。
なんじゃこれは・・。もっと早く出しとけよ! この道を楽しみにしてたのに何てこった・・。どこで通行止なのかもわからないし、行けるか行けないかもわからない。日曜日なら迷わず突っ込むんだが、今日は土曜日だ・・。行ってみて行けなかったら被害が大きいので泣く泣く引き返して小峠経由で信楽へ出ました。
小川からショートカットしてR307に出ます。本来なら県道木津信楽線でそのまま帰る予定でしたが、美味しい道が通れなかったので口直しに未踏の殻池峠(何て読むんだろうか?)を攻めてくることにします。
朝宮までR307を突っ走って、新しくできた裏白トンネルを抜けます。でもトンネルを抜けてもまだ上りが続いてるんだよなぁ・・。結局、裏白峠のすぐ下に出てきて、ぜんぜん得した気がしないトンネルでした。殻池峠へはR307の旧道に入らなければなりません。この旧道も車が通らなくなって草がボウボウ、道幅が半分くらいになってます。かつて国道だったとは思えない荒れようです。この標識のところから左折して殻池峠へ向かいます。
20071006_135550.jpg
R307の旧道に入ってここを左折する
R307からはちょっとの上りですが、なかなか雰囲気の良い峠道です。峠では鷲峰山への林道が分岐しています。
20071006_140504.jpg
殻池峠
殻池峠からは湯船へ向けて一気に下ります。この下りは結構長い。かなり苔生した道なので滑らないように要注意です。この時期、谷筋に入るとかなり寒くなってきました。
20071006_141326.jpg
湯船への下りは鬱蒼たる杉林の中
湯船に出てあとは和束までゆるい坂を下ります。午後3時前に帰着。
走行距離:58.5km
平均速度:17.1km/h
体重:59.6kg
体脂肪率:電池切れのため計測不能
消費カロリー:1296kCal

スポンサーリンク

関連記事

-自転車

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.