自転車

久しぶりに天川へ

投稿日:2010 年 5 月 2 日 更新日:


新緑が映える天ノ川

これまでの天候不順を帳消しにするかのようなお天気が続いております。こう毎日ええ天気が続くといつ出かけるべきか迷ってしまいますよね。僕は脚の残量が少ないので、一回使ってしまったら3日は空けないと走れません(爆)。したがってこれが連休中最後のお出かけになります。

連休中だし、どこ行っても混んでるし、あんまり行くとこもないのですが、最近三重ばっかり行ってますので久しぶりに吉野でも行ってみるかということで、五條~天川~阪本~富貴というルートを思いつきました。まあ前にも走ってますから様子はわかってますが、これを走れば80kmは超えるはずなのです。今が一年で一番いい季節ですから、こういうときにロングいっとかないといつ行くんや?って感じですね(すいません、僕にはこれでもロングなんです)。

スポンサーリンク


五條の栄山寺(モンベル横)に車をデポして、9時半に出発します。例のルートで城戸まで。


城戸からR168を上っていきますが、工事の影響で大渋滞しております。2kmほど続いてたと思いますが、路肩が狭いのですり抜けるのに難儀しました。


宗川野から県道49号線に入り、ゆるやかに上っていきます。いつもならほとんど交通量のない道ですが、やはりちょっと多めですかね。オートバイ多し。


やっとR309との合流点まで上ってきました。ここで標高約600m。これから新川合トンネルを抜けて天川に入ります。交通量多し。ローディーは極端にトンネルを嫌がるが、この程度で嫌がってたら贅沢ですよ。


川合の観光案内所でお昼にしました。


川合から県道53号線に入ります。少し下ったところにある天河大辨財天社に寄ってきました。境内はすごく狭い感じなのですが、超有名なパワースポットなので訪れる人は多いです。ここを抜けて県道へ戻れると思ってたんですが、あるはずの橋が消失していて抜けられず、結局引き返しました。


南日裏から山西まで約27分のノンストップ動画です。(^^;


阪本方面へは概ね下り基調なのですが、ペダルを漕がなくても走るほどでもないのでずいぶん長く感じます。山西の温泉を過ぎたところに不動滝が現れます。


やっと阪本まで来ました。この橋を渡ったところにこの辺では唯一の自動販売機がありますのでちょっと休憩。


これから出屋敷峠を越えますが、その前にR168を少し上らないといけません。この直線上りが一番しんどいんですよね・・。この分岐を左に入ると出屋敷峠への道です。


県道732号線に入るとそれほどきつい上りはなく、100m少々の上りで出屋敷峠に到達します。鬱蒼とした植林に包まれた静かな峠だったのですが、何やら重機が入って伐採が行われているようです。だいぶ雰囲気が変わりました。


出屋敷峠のダウンヒル動画


筒香方面からの道と合流して少し上り返しがあります。富貴に到着しておなじみの「成金」バス停にて。読みはそのまんまNarikinです。御利益ありますように・・(^^;


富貴からは深い峡谷に沿ってどこまで続くのかと思われるほど長いダウンヒルが楽しめます。谷の向こうには金剛山が見えます。


もうシャガの季節なんですね。


富貴から火打口までのダウンヒル動画です。


いつも同じ道ではつまらんので、御蔵橋を渡って二見からR24を突っ走りました。強い西風に乗って快適でございました。そして4時前に栄山寺に帰着。今年初めての80km超えを達成しました。珍しくまだ脚は売り切れておりません。今なら100kmくらいはいけるかも?です。

走行距離:83.5km
平均速度:18.7km/h
体重:58.2kg

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-, ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.