自転車

風薫る奥伊勢路

投稿日:2010 年 5 月 8 日 更新日:


奥西河内林道

3日ほど前の週間予報では今週末は天気悪いはずだったのですが、なぜか土日とも晴れに変わりました。これは温めていたコースを行くしかない! 南勢方面では藤阪峠・大紀南島林道・藤越と制覇しておりますが、「あじさいの道」として知られる奥西河内林道だけが未踏となっていました。メインはもちろんこれなのですが、ただそれだけでは大した距離にはならないんですよね。いつもなら三瀬谷の道の駅あたりから出発ということになるのですが、そこまで車で移動するのがかったるい。この時間は無駄以外の何物でもありません。そんな時間があったら少しでも長く自転車に乗っていたい。

そこで考えました。車の移動距離をできるだけ減らすため、なるべく奈良に近いところから出発します。ただ高見トンネルから松阪にかけてはずっと下りですので、あまり高いところから出発すると帰りが大変。そこでR166がほとんど平坦に変わる飯高町森から出発して湯谷峠を越えて行くことにします。森公園には駐車場がありますのでいつも重宝しています。帰りは栃原からR368を回ることにして計算すると距離は100km弱。僕にとってはかなりチャレンジングな距離ですが、先週80km超えましたので今なら行けるかなというところです。

走行ルート図

スポンサーリンク


9時半に森公園を出発し、県道569号を経由して宮本からR422に入ります。こちら側から湯谷峠を上るのは久しぶりだなぁ。標高差は200m足らず、勾配も緩やかなので大したことはありません。まあこれは前座みたいなものですから、こんなとこで脚を使ってはいけません。のんびりと上って湯谷トンネルを抜け、宮川側へ下ります。


峠から少し下ると湯谷不動尊の湧き水がありますのでボトルに補給。水の減り方がすごく早くなってきました。


栗谷口から県道31号に入り、旧宮川村の中心地・江馬を通過します。


下真手で橋を渡り、宮川右岸の県道424号線を走ります。こちらの方が少しばかり近回りになります。それにしても気持ちええなぁ・・。この前のアホみたいな暑さとは違うし、新緑がまぶしい。この季節に自転車乗らないなんて確実に人生の何分の一かを損してると思うぞ。(笑)


三瀬谷から紀勢本線沿いの県道731号線を走って滝原駅に着きました。この味気ない駅舎やめてほしいなぁ・・。こちらの道はほとんど交通量がないので快適です。ここでtwitterを更新。ここでPHSが通じること自体かなり奇跡に思えますけど。この先適当な場所もなさそうなのでついでにここでお昼を食べました。


滝原から阿曽へ行くにはちょっとした峠を越えなければなりません。確か県道731号は結構アップダウンがしんどかった記憶があるので、そちらを避け、また対岸へ渡ります。といってもR42は避けて長者野の集落を抜ける旧道を通ろうと考えました。すると集落に入ってすぐのところにこんな道を発見。自転車専用道になってるようです。川沿いなので上らなくて済むかも?と思って入ってみました。確かにほぼ平坦だったので得した気分だったのですが、最後は階段を担ぎ上げさせられ、最終的に同じところまで上らされるので結局同じでした(笑)。やっぱり素直に集落を抜けた方が良さそうです。


そして阿曽からいよいよ本日のメインイベント・奥西河内林道に入ります。奥河内川に沿って緩やかに上っていくのですが、この谷は奥の方までほぼ平坦でなかなか高度が上がりません。その分、最後にガツンと上るわけです。


途中「風穴」の看板があり、道のすぐ横に口を開いていました。好奇心旺盛ですので入ってみます(笑)。入口は人一人がやっと通れるくらいの大きさしかありません。


中に入るとライトが点灯する仕掛けになってるのですが、中は結構広いですね。どこまで続いてるんでしょうか? 奥の方は水が溜まってますのでこれ以上進めそうにありません。


風穴からちょっと行くと東屋があって湧き水があります。ここでまた給水。そばにはこんな看板がありました。この程度で上級者コースと言うんでしょうか?(笑)


道が大きく左カーブする地点から本格的な上りとなります。しかし思ったほどきつくはなく、激坂というレベルのものはありません。あと200mほどを淡々と上ってピークに着きました。標高440m。ここは一応「阿曽峠」という名前が付いてるんじゃなかったかな?


峠から藤側へ下っているとローディーの一団が上ってきました。どこにでも物好きがおりますなぁ(笑)。途中ちょっと展望の開ける場所がありました。見えている山は七洞岳でしょうか?


そして県道46号との合流点に出てきました。下りはあっという間でしたね。この林道はよく整備されているし、変化に富んでいてなかなか面白かったです。あとは何度となく通っている県道46号を下り、藤からは県道38号となります。そして櫃井原で藤川右岸の道に移って野添に出ます。こちらの方が上らなくて済むのでお得です。


これまた何度となく通っている野原公園に着きました。ここは藤の名所らしいですが、咲いているのは初めて見ました。かなり立派な藤棚があります。いつもは誰もいない公園ですが、この日ばかりは見物客で賑わっていました。


栃原駅へはR42を一度も通らずに行けます。JR東海は古い駅舎をぶっ壊すのが好きらしい・・。この先、なるべくR368を避けて少しでも楽そうな旧道を拾いながら行きます。


最後の難関(というほどでもないが)の桜峠を越えます。標高160mの何でもない峠なんですが、このダラダラ上りは疲れてると結構脚に来ますよ。


舟戸からは櫛田川右岸の県道745号線を走り、飯高へ向かいます。こちらの方がR166よりアップダウンが少ないので絶対お得です。16時に道の駅到着。あんまり休みすぎるとかえってしんどくなるので、休憩せずすぐ出発しました。


飯高町というところはとてつもなく広いところで、道の駅から森までが嫌になるほど長い! とりわけ森へ向かってはわずかながらも上りですので余計に長く感じます。もうほとんど惰性で淡々と走るしかありません。不思議と脚はまだ売り切れず回っております。週に一回乗ってるか乗ってないかの違いですね。事前の計算では100kmに少し足りないくらいだったのですが、森公園に到着する寸前で100kmを超えました。道の駅から小一時間かかって16:52到着。これで今年初の100kmを達成しました。120kmくらいは何とか行けるかなぁ? やっぱり100kmを超えると補給が重要になってきますね。今回はおにぎり3個とカロリーメイト1箱だけでしたけど、まだ足りない感じでした。自前の脂肪をたっぷり持ってるくせに、何でそんなに燃費悪いんじゃ? コンビニの全くないコースは辛いですわ・・


締めはやっぱりコレでしょ! まっちゃラーメン。その後、グリーンライフ山林舎で風呂。帰ったらええ時間になってしまった。

なお動画の即日アップは廃止させていただきます。疲れてるのに慌ててアップしてもろくなものはできませんので・・。これからは翌日アップとします。

走行距離:100.2km
平均速度:19.3km/h
体重:58.6kg

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-, ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.