自転車

芋練改め畑練

投稿日:2010 年 6 月 17 日 更新日:


明日香村

今日は晴れる予定じゃなかったのに・・・ってのが一番困りますね。急に言われてもどないせいっちゅうねん? しかし明日からまたずっと雨マーク。今日を逃したらしばらく乗れそうにありません。暑そうだしやる気起きませんが、重い腰を上げて練習してきました。(^^; 笠練はこの前行ったばかりやしなぁ、久しぶりに芋練でも行ってみるかということで明日香方面へ。b-mobile WiFi + GDD Phoneでの実況中継を試したいところですが、このコースでは明日香の山奥を除いてすべてPHS圏内であり、あんまりうま味がないんやなぁ・・(^^;

スポンサーリンク


石舞台も緑が濃くなっております。噂に聞いた石舞台封鎖は解除されたのか? きっと県庁に苦情が殺到したんだろうなぁ・・


稲淵の棚田も田植えが終わったばかり。


栢森まで来ましたが、初めから芋を越える気はありません。向こうへ越えてしまうと帰りが大変なんでね・・。ならば芋より畑に登る方が面白かろうということで、ルート変更。何となく芋は気が重いんですよね。激坂度で言えば畑の方がきついと思いますけど、気分的には芋より楽ですね。


栢森からは林道栢森土場線を上っていきます。中盤からは結構な激坂が続きます。杉の伐採で木っ端が散乱しており、非常に荒れております。おまけに苔が濡れて滑る滑る・・。ロードバイクには恐怖です。


谷をずっと詰めていって折り返し地点まで来るとようやく平坦になります。ここからは林間の気持ちいい道が続きます。暑さを忘れる涼しさです。


最後はまた少し上りますが、大した上りではありません。こぢんまりとした畑の集落を通過します。


冬野方面との分岐まで来ました。標高480mの最高地点です。ここは完全にFOMAのエリア外なのですが、ダメもとで通じるか試してみました。すると不安定ながらも何とかつながりました。さすがは天下のドコモ様。こんな場所で実況中継できるなんて感動で泣けてきますわ。(涙)


細川方面へ激坂を下っていくと、畝傍山と二上山がきれいに見えるポイントがあります。かなりの高度感です。

この後、石舞台に戻り、橿原の「よろづ」へ直行しました。ひょっとして久しぶり? 最近は平日なのにいつも自転車のお客さんが来てますね。先客が一人、そして帰り際入れ違いにもう一人・・。みんな梅雨のスキマを狙って走ってるんでしょうねえ・・

帰りは飛鳥川の自転車道から田原本へ。めっちゃ暑かった・・。15時過ぎに帰宅。今回初めてb-mobile WiFiとGDD Phoneの組み合わせで実況中継しましたが、やはり両方とも電源を入れて2分待つ・・・というのは面倒と言えば面倒。頻繁に使うのであればb-mobile WiFiを背中のポケットに入れて電源を入れっぱなしにしておくのが便利ではあります。ただ思いっきり汗をかくため壊れないかが気になります。そしてGDD Phoneはやっぱり使えん・・・ということ。GDD Phoneはもともと英語版なので日本語IMEを搭載していません。IMEは後付けのフリーソフトを入れているため、バグが結構あります。何かよくわからんけど、どうやっても日本語モードに切り替わらないことがありました。「明日香」も「飛鳥」としか変換してくれんしね、やっぱりアホ。イラつくこと限りなし・・。ザウルスを超える端末は未だに存在しないということが実証されました。ザウルスだと写真をアップするにはSDを入れ換える必要があるので、ちょっと立ち止まって・・・というわけにはいかんのが難点ですが、まあいつも写真を貼りたいわけじゃないし、携帯のしょぼいカメラで撮っても仕方ないんで高画質なデジカメで撮った方がええでしょ。一言つぶやくたびに5分も10分もかかるようじゃやってられんのですわ。

走行距離:50.6km
平均速度:18.2km/h
体重:58.4kg
体脂肪率:16.1%

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-, ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.