雑記

歴史は繰り返す

投稿日:

うちはとにかくモノが多いのですが、その原因は薄々気付いております。前の記事にも書きましたが、物を溜め込みやすい人には共通する特徴があります。それは「凝り性」、「飽きっぽい」、「浮気性」の三点セットであります(爆)。自分はすべてに当てはまっていることを否定しません(爆)。

世の中には一つの趣味を何十年も続けていて、その道のプロみたいな人もおられますが、自分には10年以上続いた趣味が何一つないことに今さら気付きました。だから何をやっても中途半端、三流で終わるのですね。これもすべては飽きっぽい性格の所以です。何でも初めのうちはどんどん上達するから面白いのですが、ある程度上達するとスランプみたいな状態になって伸び悩み、そこでしんどくなってやめてしまいます。中級者から上級者へのハードルは想像以上に高く、そこを我慢して乗り越えられればまた新たな道が開けるのですが、いつも我慢できずに脱落してしまうのですね。要するに堪え性がないというか・・

これは別に趣味の問題だけでなく、仕事もそうなんですね。これまでいろんな職を転々としてきましたが、未だに落ち着きません(爆)。これも一箇所にとどまることを好まない生来の「旅人」の習性なんですかね?

スポンサーリンク

この「浮気性」こそがモノの多さと密接に関係しているのですね。なぜならすべての趣味には何らかの「道具」が関わっているからです。そこで最近20年間の趣味の変遷を年表にしてみました。

年代 主な趣味 買った物
1991~1992年 音楽時代 アコースティックギター
エレクトリックギター
シンセサイザー
1992~1996年 第一次自転車時代 ロードバイクもどき
Panasonicのロードバイク
その他自転車用品
1997~1999年 登山時代 登山靴・ウェア類
アウトドア用品
1999~2002年 写真時代 カメラ多数
交換レンズ多数
三脚など写真用品
スキャナーなど周辺機器
2002~2010年 第二次自転車時代 MR-4F
ゲイリーフィッシャーのMTB
自転車用品多数
デジカメ多数
GPS
2011年~ 買わね~よ!

これらはその頃最も優勢であった趣味を示しているもので、ある年を境に急に移り変わるわけではありません。たいていはクロスフェードしながら漸進的に推移しているのですね。一度熱中すると他のことが見えないという性格から、二つのことを同時にやるなんて器用な真似はできないんですね。必ず前の趣味はフェードアウトしていきます。そして自分の趣味の特徴は、周期的に繰り返すということなんですね。全く新しい趣味が始まるということはほとんどありません。自転車にしろ、写真にしろ、登山にしろ、学生の頃にやっていたものが復活したに過ぎません。音楽に至っては幼少の頃からやっているものです。だから基本的な趣味というのはほとんど変わってないのですね。

こうして見ると一番長い第二次自転車時代でも8年。もっと長いスパンで見れば結構な年数があるのですが、いずれもブランクがあるのですね。何でも一度やめてしまうと復活するのは大変な努力を必要とします。だから一つのことを地道にやっている人に比べれば年数は同じでも確実に劣るんですね。それは労力だけでなく、道具についても言えます。

もうお気づきかと思いますが、こうやって一つの趣味が終わって次の趣味に移った瞬間に、それまで買い込んだ道具がすべてがらくたに化けるわけです(爆)。自分の場合、趣味は周期的に繰り返しますから、またいつか使うだろうと思って古い道具を取ってあるのですが、これがゴミ屋敷化する要因。うちはこういった「過去の遺物」によって占拠されているのでございます。しかし大事に取っておいても、長いブランクの後でもう一度使おうと思った頃には、すでに時代遅れになっているか、劣化していて使えないことが多いのです。結局は捨ててもう一度買い直すことになるのですね。一生モノと言えるのは楽器だけ(電子楽器は除く)。

一生モノと言えばカメラもそうでした。昔の機械式カメラは壊れても修理が効く限り、一生使い続けられるものでした。もとよりカメラは高価なものでしたから、一家に一台、それが代々に渡って受け継がれることも珍しくない時代がありました。僕が写真にはまっていた2000年頃には、カメラに注ぎ込んだ金額は100万円を下らないと思います(爆)。現在所有しているカメラも多いですが、それは氷山の一角に過ぎず、実はすでに売却して手元にないカメラも含めれば相当な数のカメラを購入してきました。そこまで投資できたのは、当時カメラというものは換金価値が高く、年数が経ってもそこそこの値段で売れることがわかっていたからです。もし僕が破産して生活に困ったら、手持ちのカメラを売って一財産にしようと本気で考えていました。(爆)

ところが間もなくデジカメが台頭し始めると、フィルムカメラの中古相場が暴落し、目論見は見事に崩れ去りました。今や鉄屑同然の値段でしか引き取ってもらえません。今でも必要以上に持っているカメラ機材が部屋を占有しているわけですが、売るに売れない状況でございます(涙)。これがホントの「塩漬け」。売り時を見誤りました・・

カメラが一生モノであった時代は完全に終わりました。今のデジカメなんか3年も経てば換金価値はゼロに近いです。デジカメは耐久消費財と言うより、一日あたり何円というランニングコストで考えた方が正しいと思います。たとえば10万円の一眼レフを3年使ったとしたら、一日あたりのコストは約91円ね(笑)。デジカメはいくら撮ってもコストがかからないと言う人がいますが、それは間違っています。デジカメは買った瞬間から次の買い換えまでのランニングコストが発生しているのです。さらに記憶媒体やバックアップのことまで考えると、ランニングコストは決して安いものではありません。

いかん、また話がカメラにそれました。(^^; 要するにまたいつか使うかもしれないと思って取っておいても、どうせその時になったら使えないんだから、さっさと捨てるなり、売るなりした方がいいよってことなんですわ。

さて、2002年から続いている第二次自転車時代なんですが、そろそろ転換期に来ているのではないかという予感がしています。少なくとも下降局面に入ったことは間違いありません。最近は自転車に乗りたくて乗っているのではなく、強迫観念から仕方なく乗っているんですね(爆)。もう行きたいところも行き尽くし、完全にネタ切れなんですね。俗に言う末期症状でしょう。持ち前の飽きっぽい性格から、同じ場所を何度も走るという芸当は僕にはできません。最近は身の回りでも自転車から離れていく人をちょくちょく見かけます。来年はまだ自転車に乗っているのでしょうか?

(写真:奈良県田原本町)

スポンサーリンク

関連記事

-雑記
-, , ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.