写真

大和高原北部

投稿日:

いつも漠然とした写真を撮ってしまうのは、一つには広角レンズの使いすぎが原因であると思われます。本来、広角レンズというものは広い範囲を写すためのものではなく、被写体に近づいて遠近感を強調したり、デフォルメさせるために使うのが正しい使い方です。しかし自分はほとんど「広い範囲を写すため」という間違った使い方をしています。こういう使い方をすると、主役となる被写体がない限り、漠然とした写真になってしまうのは必然と言えます。

こういうクセを直すにはレンズを換えてみるのが一番です。ただしズームレンズはいけません。単焦点一本でそれしか使えないようにしてしまいます。そうすれば必然的にそのレンズに合った被写体を探すようになり、ものの見方が変わることが期待できます。

そこで今回は標準レンズ50mmだけを使用しました。自分的には50mmは「準望遠」くらいに思えて苦手だったのですが、ずっとそればっかり使ってると、全体を撮るのではなく、切り取る感覚がだんだん掴めてきました。結局、36枚撮り全部を50mm一本で撮りきってしまいました。


といいつつ、こんな漠然とした写真を撮ってしまいましたが(^^;、一応この川と道がいいと思ったからです。いつものように35mmで撮ればもっと漠然とした写真になったと思います。

スポンサーリンク


奈良市柳生町にて。白地に青い文字で書かれた案内標識は「白看板」と呼ばれてマニアの間では大事にされてるそうです(笑)。それより今となっては「月ヶ瀬」の表記が貴重です。


奈良市興ヶ原町にて。春は桜がきれいなところですが、こういう枯れ枝もまたいいですね。カラーで撮ると平凡な眺めですが、モノクロだからこそ生きたと思います。しかし斜めにスジが入ってしまったのは現像の失敗?


これも興ヶ原にて。よくやらせ写真が撮られる沈下橋ですが(笑)、モノクロで撮ると何だかかっこいいような・・(^^;


こういうの好きだよなぁと思いますが(^^;、この道がいいと思ったからです。(笑)

(写真:天理市山田町・奈良市柳生町・奈良市興ヶ原町)

スポンサーリンク

関連記事

-写真
-, , ,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.