自転車

飯高から宮川貯水池往復

投稿日:2012 年 5 月 13 日 更新日:


新緑が美しい宮川渓谷

気がつけば5月なのにまだ自転車乗ってませんでした。なんか今月は不安定な天気が毎日続いてまったく乗れなかったんですよね。この時期に自転車乗らない人は間違いなく人生の何分の一かを損していると思います(笑)。というわけで今日走ってきました。しかし寒い! また長袖の出番になってしまいました・・

なんか毎年のように今ごろになると飯高方面行きたくなるんですが、ほんまに新緑がきれいなんですよ。いつもは湯谷峠から三瀬谷方面へ行ってるんですが、反対の大杉谷方面は長いこと行ってないんですよね。調べてみると1995年に一度行ったきりで、それから17年間も行ってないんですね。どうもあそこは行き止まりになるので行きにくいという事情があるんですが、湯谷峠の向こう側からではほとんど上りもなく、お気楽ポタになってしまうので、ガッツリ走るために湯谷峠を越えて行きました。自分的にはロングライドです。(笑)

なお今回よりレポート簡略化のため、Googleマップを使って作成させていただきます。要するに手抜きなんですが・・(^^; こちらではめぼしい写真だけご紹介いたします。

地図レポートを見る

スポンサーリンク


R166から湯谷峠への分岐。ここから見る三峰山は美しい。


新緑最高!


千石越林道の入口です。通行止とも何とも書いてないですが、行けるんでしょうか?


久豆から見た宮川


17年ぶりに来た宮川ダム。そんなに面白いところではないですが、過去の記憶がよみがえります。


大杉バス停前。大杉谷自然の家があって、ちょっとした登山基地になっています。


新大杉橋の東詰です。これより先、崩落のため通行不能でバリケード封鎖されています。結局、水呑峠は一度も行けないまま永遠に消えてしまうのでしょうか? それにしても何で二宮金次郎がいるんだろうか?(笑)


新大杉橋を対岸へ渡ったところで折り返し。ピストンなんで面白味はないですが、行きに写真を全部撮っておいたので、帰りは写真なしでスムーズ。こういう利点もあるのです。


当然帰りも湯谷峠を越えなければいかんのですが、栗谷側からの方が標高差が大きく、しんどいんですよね。しかも売り切れかけの脚ですからヘロヘロで・・(^^; 峠のちょっと下、オアシスのように湯谷不動尊の湧き水が現れます。実にありがたい。しかしここで大ボケ。ベンチの上にボトルを置いといたんですが、この写真を撮ったのがいけなかった・・。完全に忘れとりました(爆)。帰ってからボトルを置き忘れて来たことに気づき、後で車で回収に行きました。ついにボケが来たか・・(^^;

というわけで超久しぶりの宮川ダムだったんですが、記憶がフラッシュバックしましたね。あ、ここもあったなぁって・・。まあ、こんなド田舎変わりようがないんですが・・(笑)

久しぶりに動画を撮りました。新大杉橋~栗谷口はノーカットで完全収録です。超ロングです。ヒマすぎる方はどうぞ。(笑)


新大杉橋~大杉~久豆


久豆~栗谷口


湯谷峠~宮本

走行距離:79.1km
平均速度:20.2km/h
体重:54.95kg

スポンサーリンク

関連記事

-自転車
-,

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.