小豆島歩き旅

写真旅行
20120523_07511820120523_08401220120523_08280220120523_08263620120523_08313820120523_090613
20120523_09084420120523_09151820120523_09252820120523_09264720120523_09461820120523_095829
20120523_10032120120523_10150020120523_10213620120523_10283520120523_10302620120523_103900
20120523_11445120120523_11545020120523_11541520120523_13273420120523_13300020120523_133831

2012.5.23 小豆島, a set on Flickr.

5/23から小豆島に行ってきました。かつて一度だけ行ったことがあるんですが、20年以上前のことだし、ごく短い時間だったのでほとんど覚えてません。

近年は関西からの直行フェリーがなくなり行きにくくなっていたのですが、昨年から神戸~小豆島の直行便が復活したのを知って、久しぶりに行きたいと思ってました。最近は自転車で一周するのが人気で、利用した人も多いと思います。しかし自転車付きになると大がかりになってしまい、考えるだけでめんどくさくなって行く気がなくなるのですね(爆)。そもそも輪行というものが非常にうっとうしい。

というわけで歩いて行ってきました(笑)。自転車がないと動けないなんて思ってる人がいますが、ちゃんと二本の足があるじゃないですか。乗り物がなくても歩けばどこでも行けるんですよ。徒歩は究極の交通手段です。何でも自転車に結びつけて考えるのはやめましょう。離島の旅では自転車があることで自由度が大きく損なわれること請け合いです。自転車なんて邪魔なものはないのが一番。

神戸港からはジャンボフェリーが出ておりますが、午前1時に出発して5時に高松に着く夜行便が特に人気です。この便は高松で折り返して7時10分に小豆島の坂手港に到着します。神戸から1800円で行けるんですから、これ以上安い手段はありません。

坂手港からひたすら歩き続けました。サイクリストにはおなじみのマルキン醤油前でしょうゆソフトを食べ(笑)、草壁港を経てオリーブ公園前の道の駅でいったん休止。そこからバスで土庄手前の双子浦までワープしました(笑)。時間はたっぷりあるので歩いて歩けない距離ではないのですが、初日から足を使ってしまうと膝痛で動けなくなる恐れがあります。それにこの先は山の中ばっかりで歩いても面白くないしね・・。こういう自由が効くのが徒歩の良いところです。その後、双子浦から土渕海峡を経て土庄港まであと3キロばかりを歩きました。この日の総計は11キロくらいですかね?

というわけで久しぶりに写真集でございます。写真禁止はどこへ行った?(爆) 財政難のためフィルムは撤退いたしました。すべてデジカメ写真です。相変わらず変な写真ばっかりですが、たぶんこういうのは歩いてないと撮れないと思いますよ。

スポンサーリンク
関連記事
片雲の風に誘われて

コメント

  1. このたびのご乗船誠にありがとうございます。

    お喜びのお声をお伺いできて、とっても嬉しいです。

    行き届かぬところも多々あり、ご不便をおかけした部分もあるかと存じますが、
    またのご利用を、心よりお待ちいたしております。

    このたびは本当にありがとうございました。(^o^)/

  2. SORA より:

    @ジャンボフェリー さん

    まさかコメントいただけるとは思いませんでした。
    今回は瀬戸内クルージング&バスセット券で利用させていただきました。
    帰りは高松からフットバスを利用しました。
    こんなに安くていいのか?とこちらが心配になってしまうくらいです。(笑)
    昨今のフェリー業界を取り巻く状況は大変厳しいものがあると思いますが、企業努力で末永く存続していただけるよう切に願っております。
    快適な船旅ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました