豊島歩き旅

写真旅行
20120524_10392220120524_10454220120524_10470220120524_10495220120524_10503720120524_105107
20120524_10545720120524_11522320120524_11531420120524_12111520120524_12125020120524_122609
20120524_12304120120524_12383320120524_13001820120524_13035620120524_13065820120524_132441
20120524_14093320120524_14111120120524_14160520120524_14163620120524_14172320120524_141817

2012.5.24 豊島, a set on Flickr.

24日は土庄港から豊島へ渡りました。小豆島から直島へはいったん高松に戻るしかないと思ってたのですが、よく調べてみると豊島と直島を直接結ぶ便があることがわかり、豊島を経由するプランを思いつきました。

豊島には2つの港があり、東側に唐櫃港、西側に家浦港があります。このうちまず小豆島フェリーで唐櫃港の方へ上陸しました。そこから家浦港までを歩きます。

豊島は近年、現代アートの島として脚光を浴び、訪れる人も増えていますが、いい意味でとても田舎です。まず車というものがほとんど走っていないのでとても静か。島は山が多くて自然がとても豊かです。観光客相手の施設もほとんどないので、離島の素朴さがよく残っています。これは沖縄の波照間島や与那国島に匹敵するくらいの田舎度だと思いますね。この島がとても気に入りました。

一周してもせいぜい10キロくらいなので、自転車で回るには物足りないですが、一日かければゆっくり歩いて回ることもできるでしょう。家浦港には電動アシストのレンタサイクルがありますが、島で見かける自転車はすべてと言っていいくらい観光客です(笑)。たぶん現代アートを見て回っているのだと思いますが、平日は閉館してるところが多いので要注意です。まあクリスチャン・ボルタンスキーの「心臓音のアーカイブ」は見ておいた方がいいと思います。

豊島での滞在時間が5時間15分、それでも予定よりだいぶ早く着いてしまったので、家浦の街並みを散策しました。ここもなかなか雰囲気がいいです。相変わらず意味不明な写真ばっかり撮りました。これも現代アートのつもりですので、理解されなくても結構です。(笑)

スポンサーリンク
関連記事
片雲の風に誘われて

コメント

  1. 純米酒 より:

    おかえりなさい。
    うーん、僕も写真禁止を考えてたんですよ。スマホにしてますますリアルタイムの情報発信が可能になりましたが、安易すぎて個性と趣が無くなってる気がします。折しも今夏は節電必須。かつて本来の日本の風情があちらこちらで見かけることが出来るでしょうね。打ち水、うちわ、蚊取り線香、浴衣にビール。こっちの方がええんとちゃいますか?
    そうそう、facebookにスマホのお絵かき機能で投稿してみますわ。

  2. SORA より:

    うん?写真禁止ですか?
    まあデジカメが出てきた時点で個性もへったくれもなくなったと思いますけどね。(苦笑)
    安易になりすぎていかんのです・・

    日本の情緒は夏にこそあるように思いますね。
    そういう懐かしいものを取り戻す機会になればいいですが・・

  3. タケヘイ より:

    いいところですね~
    観光地化されてないのがいいですね。
    また車が少ないというのがまたいいです。
    もし車がなかったら、周りを気を付けることなくどれだけ気楽に
    ノビノビと歩けることかと思いますね。
    私も近いうちに車のない場所へ行ってみるつもりです。

  4. SORA より:

    @タケヘイ さん

    島が小さければ小さいほど車が少ないですね。必要ないですから・・(笑)
    離島に惹かれる理由はそんなところにもあると思います。
    沖縄にある「車が一台も存在しない村」行ったことありますよ。(笑)
    琵琶湖にもそんな島があったかなぁ?

タイトルとURLをコピーしました