eTrex Legend HCxその後

GPS

前回、WAASが怪しいかも?ということで一度WAASを無効にしてログを取ってみたのですが、結果はやはり同じでした。先日の千石越ですが、谷間に入ったとたんに異常が発生しました。そのたびに電源を切ってリセットしましたので、ログがギザギザになっております。これによりWAASはシロということがわかりました。
自転車のログ(千石越付近を拡大したプロフィールマップ)自転車のログ(千石越付近を拡大したプロフィールマップ)
峠付近は見通しが良いため異常は発生していません。下りもよく追従していますが、谷間に入るとやはり異常が発生しています。どうも実際より低く出る傾向があります。そのたびにまたリセットしました。
ところがもう一つ理解不能な現象が一つ。宮川からの帰りに自動車の中でログを取ってみたところ、どんな山の中であろうと異常はまったく発生せず、驚くほどきれいにログが取れているのです。水平方向のズレもまったくと言っていいほどありません。
自動車のログ(プロフィールマップ)自動車のログ(プロフィールマップ)
自動車のログ(湯谷峠付近の水平方向)自動車のログ(湯谷峠付近の水平方向)
普通に考えればスピードが速いほど追従しにくくなる上に、鉄で囲まれた自動車内なら余計に受信状況が悪くなるはずなのですが、結果はまったく逆でした。自転車でもスピードが出る下りでは異常が発生しにくく、低速の上りの時だけ頻繁に発生するのです。
ひょっとして計算によって位置予測でもしてるんですかね? 低速すぎると計算誤差が大きくなるとか? こういうのはやっぱりアルゴリズムの問題としか考えられないですね。
現在Legend HCxの最終ファームバージョンは2.60(Feb. 4, 2008)となっていて、WebUpdaterをかけてもこれ以上更新できませんでした。次のバージョンが出るまで待てってことでしょうか・・
以上の結果から、自動車やモーターサイクルで使っている人には異常がまったくわからないということになります。世界中に何万といるユーザーから苦情が出ないのは、自転車で使っている人が少ないから? それとも自転車で山奥を走る物好きが少ないから?(爆)
最近某C氏がLegend HCx日本語版を購入されましたが、いつ異常が出るのか楽しみです。(^^; もし出ないとすると英語版だけの問題ということでしょうか? 少なくとも日本語版を使っている人からはこういう問題は聞きませんねぇ・・。日本語版は英語版よりファームが少し古いはずですからね。ユーザーの方に乞う情報!
とりあえず現状では異常が発生するたびにリセットを繰り返すしかありません。これじゃ使い物になりません。Vista HCxも同じファームを使っているため、同様の現象が発生する可能性はあります。とにかく次のファームにかすかな望みをつないでいます。早く出してくれ!

コメント

  1. onono より:

    SORAさんのパソコンメールに25日の案内を送信したんですが届いてますか?
    25日、天候がまだ確定していませんが里山トレイルをmid-tailさんが企画されています。ブログアップはまだされていませんので、アドレスが分かる人にだけメール送信をしています。いかがでしょうか?

  2. cancan より:

    今日、初瀬ダムから笠へ登り藤井町から天理ダムへ下りました。ダム下へ12~14キロとゆっくり下り、念のため7~8キロで歩道上を登り、普通に20キロ以上で下ってきましたが、標高もルートも充分許容できる範囲でした。後程うちのBlogでも報告します。

  3. SORA より:

    ショッキングな報告ありがとうございます。(^^;
    天理ダムから上らなきゃだめですよ。(^^; 下りでは出ないんでね・・
    初瀬ダムのあたりではどうでしたか?
    日本語版とファームが違うのか、ロット不良なのか・・?
    ファームのバージョンはどうなってますか?
    Main MENU → Setup → System → Menu/検索キー → Software Versionで見れます。

  4. cancan より:

    私のは ソフトバージョン 2.10 GPS SW Version 2.60 となっています、Blog更新しました。

  5. SORA より:

    GPS SW Versionは同じですが、ソフトバージョンはだいぶ古いですね。
    バージョンアップで悪化した可能性もあります。
    でも旧バージョンは手に入らないので次のが出るのを待つしかないのです。

タイトルとURLをコピーしました