ひさびさに相津峠

ライド報告自転車

20130512_133140
相津峠付近より局ヶ岳を望む

毎年4月下旬頃から半袖で走ってるような気がしますが、今年は異常に寒くて半袖の出番がありませんでした。今日は今シーズン初めての半袖日和となりました。それで毎年今ごろの時期になると宮川へ行ってるような気がしますが、やっぱり行きたくなるんですよね(笑)。この時期の宮川は新緑がきれいで最高なんですよ。ひさびさに相津峠でも行ってみるかということなんですが、このコースもだいぶマンネリ化してきましたので、ちょっと変化を付けていつもと逆回りにしてみました。果たしてどっちが楽なんでしょうか?



走行ルート図

20130512_100444
いつものように森公園にデポして10時頃出発します。

20130512_101609
R166の対岸路を走って宮本からR422に入ります。

20130512_103215
湯谷峠へ上る途中の展望ポイントにて。写真を撮ってたら後ろから来たローディーに抜かれました。最近この道もローディーが多くなりましたね。ローディーは写真なんか撮りませんけど・・(^^;

20130512_104513
そして湯谷峠に到着。まあここまでは前菜みたいなもんです。(笑)

20130512_105756
栗谷の集落まで下って、恒例の「霊符山の水」でボトル補給します。

20130512_110929
さらに下って、栗谷口で県道31号に合流します。

20130512_111801
いつもは旧道を走ってるんですが、久しぶりに新道を走ってみました。こちらの方が少しだけアップダウン少ないです。

20130512_112055
空がきれいだなぁ・・

20130512_114848
そして11時半頃、本田木屋付近にある「さくらの里公園」で少し早めにお昼を食べました。

20130512_121120
さらに県道31号を走って三瀬谷駅に着きました。これからメインイベントの相津峠ヒルクライムが始まります。ここの標高が約100mで、標高430mの相津峠まで約330mの登りです。

20130512_122742
標高200m地点まで登ると少し展望が開けました。下に溜池が見えています。いつもこちら側へ下ってきますので、かなりきついというイメージがあったんですが、逆に登ってみるとそれほどでもないですね。

20130512_124000
そこからもうちょっと登ったところにベンチがありました。

20130512_125237
途中、道が大きく折り返すあたりまで登ってきました。このあたりは下から見えていたはずですね。宮川方面を見下ろす雄大な展望が広がります。

20130512_130427
峠近くまで来ると登りはかなり緩やかになります。峠直下からも展望の良いポイントがあります。ちょうど真下にさっき通ってきたベンチの場所が見えます。やっぱりこの峠は三瀬谷側から上った方が景色が良くて楽しいですね。逆に下るとほとんど景色見てませんからね・・

20130512_131137
そしてほどなく相津峠に到着。峠には東屋が建っていて、開通記念碑と地蔵堂があります。ここ好きな峠なんですよね。

20130512_134555
相津峠からバビューンと下りまして、相津の集落を通ります。なかなか味わいのある家並みですね。

20130512_135935
そして粥見からR166対岸の県道745号に入ります。これは波留付近の一番狭い部分です。

20130512_140956
有間野付近から見る局ヶ岳。この風景はいつ見てもいいですねえ・・

20130512_141848
宮前でR166に合流しまして、道の駅で大休止。いつもここからが嫌になるほど長いんですよね・・(^^; しかも微妙に登っているし・・

20130512_145920
R166も九十九曲付近の1.5車線区間が解消され、とても走りやすくなっています。

20130512_150049
九十九曲付近の櫛田川です。

20130512_151010
粟野~七日市の区間はR166で唯一残っている1.5車線区間です。この辺はまだ工事をしている様子もないので、当分拡幅される予定はないんでしょうか? たしかトンネルで森地区をショートカットする計画があって、地元で揉めているという話を聞いたような・・(^^;

20130512_151340
口福本あたりから迷岳の堂々たる山容が見えます。ここまで来ればあと少し。宮本からは行きと同じく、対岸の県道569号へ移って森公園に戻りました。

今回初めて逆回りで相津峠を越えたわけですが、南側からの方が勾配はややきついものの、展望が良いので登っていて楽しいですね。まだ距離が短く、元気なうちですから何と言うことはありません。まあ最後はだらだらとR166を走るのが退屈なんですけど、ほとんど平坦なのでいつかは着きます。これが逆だと最後に湯谷峠を越える脚を残しておかなければなりません。栗谷側からの湯谷峠は結構長いですよ。

走行距離:64.3km
平均速度:19.1km/h
体重:54.65kg

コメント

  1. 影武茶 より:

    湯谷で追い越して行ったのが、まさかこの方じゃないでしょうね・・・??
    通称 どんなべ さん。

    http://blog.goo.ne.jp/raffica050donnabe/e/8264f1389c25626f0932a396ae11c422?st=0#comment-form

    昨日は今年一番の自転車日和でしたが、僕は雑用の為、遅い時間帯しか利用出来なかったのが残念です。

  2. SORA より:

    @影武茶 さん

    あ、ほぼ同じコース走ってたんですね。
    時間的に言ってそうだと思いますよ。
    写真撮ってるローディーなんてまずいませんから、よく覚えられているでしょう。(笑)

  3. どんなべ より:

    SORAさん、はじめまして。鈴鹿のどんなべです。時々ブログを拝見していました。
    影武茶さんから、同じコースを走っている方がいたというコメントをいただき、もしかしたら、と思って「発見」しました(笑)。私は相津峠のサミットでこの自転車を見ました。へろへろと通過していったと思います・・・。またどこかでお会いしましたらよろしくです。

  4. SORA より:

    @どんなべ さん

    はじめまして。ブログをご覧いただいていたとは驚きです。
    やっぱりあの時の方ですよね。
    またどうぞよろしくお願いします。

  5. 影武茶 より:

    遭遇してたのでは、と云う勘は当たったけれど、場所が違っていましたね。

  6. SORA より:

    そういえば相津峠の頂上でも会ってるんですよね。
    あの時の方だったのか・・

  7. cancan より:

    なんやかやプーたれながらも、走ってまんなぁ(^^)
    相津峠、調べてみると1999年5月に行って以来、峠に四阿があったのと南側がきつかった記憶しか残ってませんわ。

  8. SORA より:

    @cancan さん

    昔は誰も来ないような峠でしたけど、今は結構サイクリストに人気ですよ。
    昨日は4人くらい会ったかなぁ・・

  9. SORA より:

    >どんなべさん

    すいません、勘違いしてました。
    湯谷峠じゃなくて、相津峠の東屋の前でお会いした方ですよね。
    湯谷峠じゃ時間が一致しませんでしたので・・
    あの時、峠で止まらずに通過されて行ったのははっきり覚えてますよ。(笑)

  10. どんなべ より:

    SORAさん、お声もかけずに失礼しました。登りが不甲斐なかったので、そそくさと降りました。以前は時間を気にしてあまり気づかなっかたのですが、相津の集落の景観も良いですね。

  11. 影武茶 より:

    この季節、皆さんの目指す方向は同じようで・・・(笑)
    同じ市内の仲間も、確定じゃありませんが、出会った可能性がありますよ。

    http://waida.cocolog-nifty.com/blog/

  12. SORA より:

    @どんなべ さん

    後ろから荒い息遣いが聞こえてきたんですが、峠で休憩もされないのですごいと思いました。(笑)

    @影武茶 さん

    ローディー集団は複数遭遇していますので、特定はしにくいです。(笑)
    こっちからは基本的に下りになりますので、この方面行きにくいんですよね・・

  13. わいだ より:

    はじめまして。
    影武茶さんつながりでやってきました。
    ずいぶん日がたってしまいましたが、三瀬谷駅の手前、県道31から集落の中の道に入ったところですれ違った白いマスクのローディを覚えてますかね。あれが自分です。

    もし間違いだったらアレですが、SORAさんのブログやホームページは以前から参考にさせてもらってましたので、お礼がてらコメントさせてもらいました。

    相津峠からの局ケ岳は私も好きで、よく同じ場所で写真撮ってます。

  14. SORA より:

    @わいだ さん

    はじめまして。
    たしかにその辺で自転車とすれ違った記憶があるんですが、スタイルまで覚えになかったんですね。
    でもGPSのログと照らし合わせてみると、県道31号から旧道への分岐を12:04に通過してますので、間違いないと思います。

    ブログも見ていただいていたようでありがとうございます。
    読者の方と知らず知らずのうちに遭遇しているのは不思議な気分ですね。
    三重は時々ぶらぶらしてますので、またどこかでお会いすることがあればよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました