GPS

ザウルス&GPS妄想

投稿日:

Foretrex101導入で前使っていたCFGPS2はお払い箱になったが、ザウルス唯一のGPSソフトであるqpeGPSは地図データとともにまだSDカードに入ったままになっている。GPSカードがなくても一応使えるのだ。
このソフトには地図ビューアー機能というものがあって、画面をペンでタッチするとその地点の緯度経度が即座に読み取れる。しかしこの機能はオマケに近いものでとても実用的とは言えない。なぜなら見たい地図を表示するのにすごく手間と記憶力が要求されるからだ。ザウルスはメモリの関係上あまり大きな画像データを読み込めないので、5万図をさらに4分割したものを1枚の画像として登録してある。それぞれの5万図には国土地理院での図幅名と同じファイル名(ただしローマ字)と0~3のシーケンス番号を付けてあるが、現在地がどのファイルに含まれるかを探すのは至難の業だ。一つ一つ開いて確認するしかなく、非常に効率が悪い。
Foretrex101は地図表示ができないので、現在地を正確に確認するには緯線経線を入れた紙地図が必要になる。しかし毎回地図をプリントアウトするのも面倒だし、予定変更などで準備していなかった地域の地図が必要になることも考えられる。そういうときザウルスにいつも地図データが入っているととても助かるのだ。256MBのSDカードに近畿全域の5万図が収録できるのだからその魅力は大きい。
欲しい機能は、GPSから読み取った座標を入力するだけで現在地点を地図上でポイントしてくれることと、逆に地図上をクリックすることによってその地点の座標を直読できることの二点だ。特に後者は現地でウェイポイントを追加したいときにどうしても必要になる。紙地図ではそんなに正確には読み取れないから。
後者の機能は現状のqpeGPSでも実現しているわけだが、前述のようにとても実用的とは言えない。また前者の機能はGPSカードと組み合わせた場合にはすでに実現されていて、自動的に地図ファイルを検索して現在地点を常に中央に表示してくれる。この両方が合わさったら良いのだが、現状ではGPSがないと前者の機能は使えないことになっている。
幸いqpeGPSはオープンソースのソフトウェアであり、自由に改変して使うことができる。ソースさえ解析できれば何とかできないことはないだろう。GPS機能を外してスタンドアロンの地図ビューアーとして開発することが目標なのだ。もちろんGPSと連動させて現在地点を表示させたり、ログが保存できたりすればもっと素晴らしいのだが、そこまでやるには接続ケーブルがないとどうしようもない。誰かやった人はいるんだろうか? まあそこまで行かなくても座標を入力して現在位置を確かめるというアナログな方法でも僕としては満足なのだ。
このくらいの処理はそんなに難しくはないからWindowsであれば簡単に開発できそうなのだが、ザウルスの開発はやったことがないから要領がサッパリわからない。一応Linuxマシン上に開発環境は作ってあるのだが、いろいろ手続きが面倒で調べなければならないことが山ほどある。まあこれは当面の挑戦目標ということにしておこう。

スポンサーリンク

関連記事

-GPS

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.