GPS

MSAS本格運用開始

投稿日:

9月27日からMSASの本格運用が始まったようです。
日本が独自に打ち上げた衛星から発射される電波によりGPSの誤差を自動的に補正してくれるシステムらしいですが、どのくらい精度が向上したのか興味のあるところです。今日は通勤途中に車の中で試してみました。
MSASを利用するには、Foretrex101の場合、GPS MODEを"WAAS"にするだけでOKです。うまく捕捉されれば衛星画面に"D"の文字が表示されます。さてどのくらい精度が上がったのでしょうか?
見通しのよい平野部だけですが、これまで見たこともない2mとか3mの誤差が出ました! それより驚いたのは垂直方向の精度ですね。GPSは一般的に水平に比べて垂直方向の精度が劣るのが普通で、Foretrex101の場合、高度の追従が常に遅れていました。少し遅れてついてくる感じなので、上りはきれいに取れるのですが、スピードの出る下りは追いつかなくてプロフィールマップが階段状になってしまうことがよくありました。
ところがMSASによると垂直方向の追従性が非常に良くなっているではありませんか! 時速40km前後でも10m未満の小さなアップダウンを確実に捕らえてくれています。ほぼリアルタイムで追従しています。あとは山間部でのロストが少なくなってくれれば言うことないんですが・・
これまでSiRF StarIIIを搭載した機種に精度の面で劣っていましたが、これでForetrex101もまだまだ使えるようになったのではないでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク

-GPS

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.