GPS

トラックナビ

投稿日:

また無知をさらすようでお恥ずかしいですが(^^;、ほとんどのGPSに付いているトラックナビ(トラックバック)というものを初めて使ってみました。
今までは普通のルートナビ(経由点を指定してルートを作成する方法)を使っていましたが、これだとルートの作り方を上手にやらないと迷ってしまうケースが往々にしてあるんですよね・・。たとえば直角でない交差点で矢印の向きと実際の道路の向きが微妙に違っている場合、どちらに進んでいいのか悩むことがあります。これはルートナビでは常に次の経由地への直線ルートを示しているために起こる問題で、交差点の方向と次の経由地の方向が大きく食い違っているときは直近にもう一つポイントを置くという工夫をしなければなりません。
ところがトラックナビでは元のトラックをそのままなぞっていくために、こういう問題は根本的に起こりえません。常に矢印の示す方向に向かって走っていればいいのです。地図画面にもトラックがあらかじめ表示されていますから、それから外れていないかどうか確認できます。過去に自分が走ったログや人からもらったログがある場合、あるいはMapFanとかALPSLAB routeを利用して道路に沿ったルートを取得できる場合はこの方法を使うのが一番確実で便利な方法でしょう。
Foretrex101の場合は、カシミールを使ってあらかじめトラックを転送しておき、ログ保存という操作を行います。トラックナビはログ保存をしないと使えない仕様になっています。そして保存ログのリストからNAVIGATEを選択するとトラックナビが始まります。
おお!、地図のないForetrex101にもちゃんとルートが表示されます(笑)。コンパス画面ではリアルタイムに道路の向きを示しています。しかもちゃんと曲がり角を自動的に認識してくれて、次の曲がり角までの距離が表示されるし、曲がり角が近づくと「ピッ」と音が鳴って曲がる方向を教えてくれます。おお!、なんて賢いんでしょ。(笑)
・・・てなことを通勤中にやってるわけです。(笑)
これでまたForetrex101のポテンシャルを再確認してしまいました。あとは山間部での感度不足さえ改善されれば最強のハンディGPSになるんですが・・
それを出したら上位機種が売れなくなるのでたぶん出ないでしょう。(笑)

スポンサーリンク

関連記事

-GPS

Copyright© 片雲の風に誘われて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.